スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾・4

2008.08.20 *Wed
パート4は 『廟』 の写真を。(*^-^*)

漢字ばかりに囲まれているとはいえ、タイや韓国(語)のように
まったく読めないわけではなくて見慣れた文字の形であることと
看板や食品などは日本語表記も多く、
カタコトでも日本語が使える人が多いことで
あまり「外国に居る!」という気がしないけど
「夜市」と個性的な「寺廟」を訪れると
「わたし、台湾に居るぅー!」と実感できました。



【行天宮】 シンティエンコン
taiwan_12.jpg

台湾語では「恩主公 (ウンズーコン)」と呼ばれている
とても有名な廟。三国志の武将・関羽を祀っていて、
武将ですから「武勇の神」なのですが関羽は最初にソロバンを用いたことから
「商売の神様」にもなっていて参拝客いぃーっぱい!

この門の内側は「今日はお祭りかなにか?」と思うほど
人々であふれかえっていました。

taiwan_13.jpg

見事な廟建築。
ここには日本語ボランティアもいましたよ~。


【天后宮】 ティエンホウコン
taiwan_14.jpg
あの、旦那さま・・・邪魔です。
無意識なのか?ワザとなのか?
カメラを構えるとスっと前に入り込んでくることが多いんだよ、君は。('ー';)

西門町の繁華街の中にヒョッコリとあって わりと小さな廟なんですが
敷地内には日本統治時代のお地蔵様や弘法大師像が保存されていました。
taiwan_15.jpg
↑お顔の表情は撮れませんでしたが弘法大師像です。


【龍山寺】 ロンサンスー

台北を代表する古刹(こさつ)です。台北市内では一番古いお寺。
屋根や柱に施された細やかな彫刻や極彩色の廟建築が圧巻!

taiwan_16.jpg
龍山寺のある万華区は東京でいうと浅草のような下町情緒のある区域。
レトロな雰囲気がホっとする。(´▽`)はぁ~

taiwan_17.jpg

境内で長いお線香5本をもらって、見よう見まねで私たちも拝拝(神への祈り)体験。

本堂前にある香炉にもらった線香3本を立てて自分の名を念じてご挨拶。
そして本堂正面・正面右・正面左の順(必ず右から)
一本ずつ線香を立てて拝拝。

龍山寺は1738年に建てられた台北最古の寺院で
ありとあらゆる神様が全員集合!てなカンジで
どんな願いや悩みも聞いてくれるとあって
毎日いつでも参拝客で賑わっている廟でした。

また、この辺りはピンクぅ~なネオン街や、食だけではなくて下着系の夜市や
漢方専門、衣服専門、足裏マッサージなどなどの個性的な「夜市」が点在していて
夜遅くまで活気で溢れていて楽しいんだ~。
私はこのエリアでほとんどのお土産を購入しましたよ。(*^-^*)v 
 
| 旅* |

TRACKBACK

TrackBack List


Admin



Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。