スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雨と夢のあとに」

2008.06.11 *Wed
あまり言った事はないけれど、
じつは読書好きのわたし。
昔からよく本を読んでいます。

とはいっても新刊はあまり知らないんですが。(゚ー゚;)

普段はルポやエッセイ、旅行記を好んで読んでいて
How To本なども楽しいなと思って読んでいますが
「小説」を読むことは滅多にありません。
だけど先日たまたまタイトルに惹かれて読みだした本が
とても素敵だったのでご紹介。

この本(単行本)の背表紙には「幻想ホラー小説」と書いてあります。
こんなに優しくて切ないホラーもあるものなのかと開眼。

私は読むのが飛びきり遅くて、“斜め読み”とか“速読”が出来る人は
魔法使いではないか?と思わず思ってしまうほどの鈍行読み手なんですが
この本はそんな私でもスルスルと読み進められてすぐに読み終えました。
小説を読むのも珍しいけどこんな事も珍しい。(笑)

ametoyumenoatoni.jpg
雨と夢のあとに  (角川文庫 ゆ 5-8) (文庫)
柳 美里 (著)



主人公は「雨(あめ)」という名前の12歳の女の子。
本の中で、父親が「雨」と名づけると言ったときに母親が言った言葉が
同じく雨好きの私の気持ちとピッタリだったので抜粋させて頂きます。(*゚ー゚*)


水溜りがあっちにもこっちにもできて
雨が波紋をつくるでしょう
見てて飽きないもの

レインコートも傘も長靴も大好き
アスファルトの上を油みたいに跳ねる雨も好き
坂道を流れる雨も好き
ショーウィンドーを洗う雨も好き
行き交うひとが擦れ違うときに傘をちょっと傾(かし)げるのも好き・・・



嬉しい・悲しい・悔しい という感情以外で
涙が出そうになるかんじ。そんな本でした。

図書館で借りた本なんだけど、手元に欲しくて購入しました。(*^ー^*)


ドラマ化されていたんですねー。観てみたかったなぁ~。
 
| 雑記* |

COMMENT

ふぅん、なんだか気になるなぁ。
今読んでいるのが終わったら、読んでみよう。
2008/06/15(日) 22:02:00 | URL | つっきぃ #zbUauK8k [Edit
*つっきぃ
>つっきぃ

うんうん。
サラ~と読める本なので是非。
柳美里さんの本はよく目にしていたんだけど
なんとなく縁がなくて(読む気になれなくて)
今まで読んだことがなかったんだけど、
これは不思議とスルっと入ってきましたよん。(^-^*)

2008/06/16(月) 01:11:53 | URL | Rainy A* #yTEP.biM [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Admin



Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。