This Archive : 2010年05月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツを芯から栽培 2

2010.05.26 *Wed

とってもゴージャスな花束をいただきました。

gerbera_lily_bouquet.jpg

大好きなスプレーマム(菊)のグリーンもたくさん入っている!
これ嬉しいな~。(*´ェ`*)


そんなゴージャスな花束に続いて、
地味ぃ~なキャベツ芯ネタなんですけど・・・。(笑)
ココの続きです。)



早速ですが、2週間後。

こうなりました。

cabbage_06.jpg

なにやら上の方がフワッとしてきましたよ。

色にも注目。白っぽかったキャベツが緑色を増してきました。

cabbage_07.jpg

アレ?なんか芽キャベツみたい。(・・;)

スポンサーサイト
| 庭* |

Parnell Farmers' Market

2010.05.25 *Tue


ん?先週?いや、もっともっと前だ・・・。
もう3週間も前の話しになりますが、Parnell(パーネル)という
Auckland屈指のオッシャレ~♪な街で毎週開催されている
Farmers' Marketへ早起きして行ってきました。気まぐれで。

parnell_farmersmarket_1.jpg

マーケットは朝8時からスタート。
小規模ながら上質な商品がズラリと並びます。

なんですが、早く行き過ぎてお客さん疎ら(まばら)。(´▽`;)

parnell_farmersmarket_2.jpg

初めて行きましたけどね~ なんか、

売っているモノも、売っているヒトも、お客さんもペットたちまでも
なーんか違う。お洒落。Kiwi(=NZ)っぽくなーい。(笑)

彼も一緒に行った日本人のお友達も「なんか外国みた~い」とプチ興奮。
NZで日本人が「外国みたい」って言うのも変な話しですが・・・。
でも、ストリートパフォーマンスも少女がバイオリンを弾いていたり
クレープ屋のおじ様がカッコ良くハンチング帽を被っていたり、
チーズ屋さんのお姉さんがブランド品のエプロンをしていたり、
地元のスーパーでは見た事もない野菜が並んでいたり、
まぁ~ 全てがとってもオシャレな異国っぽかったのですよ。

parnell_farmersmarket_3.jpg

同じ週末に同じ街で開催されているLA CIGALE
通称「フレンチ・マーケット」はAKLではとっても有名だけど
ずっとずっと小規模なこちらのマーケットもなかなか良いカンジです。

このマーケットで買ったもの(チーズ・ブレッド・ガレット)全て美味しかったな~♪

| 外* |

栽培中ぅ。

2010.05.21 *Fri


cabbage_02.jpg

これ、な~んだ?(^‐^*)


この物体の、数日前の姿まで巻き戻し。
キュルキュルキュル... (←テープを巻く音)








はいドーン。

cabbage_01.jpg

そうです。キャベツさんです。


キャベツを上から一枚、一枚、また一枚・・・と使っていくと、
おのずと残るのがの部分ですよね。
その残った芯を、今回は捨てずに栽培してみますよー。

cabbage_03.jpg

なんかこんな変な形になっちゃいましたけど・・・。
これを見た友達がジェラートと見間違えていた。(´▽`;)


このまま直接花壇に植えてもいいけど今こっち(NZ)は冬。
冬は雨も多いので暖かくなるまでは室内で育ててあげますよ。
植物には特に優しいA*さんなのです。( * ' - ' )ヾ

それに、水栽培の方が発根の様子が見られて楽しいし♪




1週間後。

cabbage_04.jpg

断面が酸化してだいぶ黒ずんできましたね。
見た目キチャナイですが、この子ちゃんと生きてます。

だって、その証拠に

cabbage_05.jpg

根っ!


キャベツって案外生長早いゾ~。
あ、チビっ子たち!(の親御さん)
夏休みの宿題にキャベツの栽培日記なんてどう?

| 庭* |

ゴールドメダルの人だぁ~!(試合動画あり)

2010.05.16 *Sun
キャーー!キャーーー!

キャーーーー♪

なんでぇ~?なんでなんでぇ?(゜0゜*)?
ニュージーランドの、オークランドの、コヒマラマの、こんな小さな町にある極ごく普通の体育館での試合にこんなお方が参戦?

ishi_04.jpg

北京オリンピック・柔道男子100キロ超級で金メダルをとった石井慧さんですよッ。紛れも無く世界一の方ですよッ。リップサービス旺盛で一つ一つの発言に注目を集める事でも有名な方ですね。(笑)大阪人気質なのかな。(^m^*)

| 外* |

スリッポン完成

2010.05.15 *Sat

※本日2つ目の投稿です。

でけた~。

甲と底をはぎ合わせてから縁をグルっと模様編みして、
飾りにベルトとボタンをつけたら、ホイ、完成。

slippon_06.jpg

さすがに裸足から型紙を取って作っただけあって見事ピッタンコ・サイズ。

slippon_07.jpg

Blog用に写真を撮ろうとした時に、そのままだとカカト部分まで見えないと思って
慌てて履いていたGパンをロールアップしたもんで
ご覧のとおりグシャグシャのゴワゴワ状態でお届け中ぅ。スミマセン。(;;'-')ヾ


slippon_08.jpg

意外にアッサリと完成したけど、フェルトに穴をあけるのが
(ウチに丁度良いサイズのキリが無くて)ともかく大変で面倒だったの。
あの作業が無ければまた作る気にもなるけど、もう懲りた。

職場用には普通にスリッパを持っていくか、フェルト底じゃないのを作るか・・・。

あ。そうだ。我が友人たちに先に言っとくけど、
あのね、注文は受け付けませんからね。ぷ


スリッポン作り

2010.05.15 *Sat
昨日の続きです。


頭の中に【完成品】のイメージはしっかりと出来ておりますし、そのイメージにピッタリの物が載っている編み物本も持っておるのですがぁー!相変わらず編み図が読めないワタクシでございますので...(´▽`;)オホホホ 例の如く「本を凝視」からスタート。

で、とりあえず甲の部分から編んでみました。左右対称にね。
slippon_03.jpg

なにも考えず全部こま編みにしちゃったけど(←本のとおり)一枚編み終えたところであのルームシューズのような模様編みにしてもよかったかな~?とちょっと思った。ま、でも今回はこま編みでシンプルに。

次はフェルト底の部分。
slippon_04.jpg

自分の足サイズにカットしたフェルト底の周りに毛糸を通す穴をあけました。

この作業、スッゴク大変だったよー。 コレもうイヤ。

slippon_05.jpg

そこにぐるりとこま編みを編み入れて先に編んでおいた甲とはぎ合わせ~。

ここまできたらもうすぐ完成。


つづく

またナンカ作ろっとぉ【追記あり】

2010.05.14 *Fri

ダ○ソーさんで「厚地フェルト」をみつけたんで買ってみた。

ホントはグレーが欲しかったんだけど・・・

atuji_felt.jpg

無かったのでグリーンで。

でもこういう“よもぎグリーン”好き。

今度のお休みにこれでナンカ作ろぉ~と。(^‐^*)

もうイメージは出来ているの。結局また編み物だけどねー。






【追記】

やっぱり、お休みまで待っていらんなくて作り始めちゃった。(。-_-。)ゝ
ま、ある意味予想通りと申しましょうか、案の定の結果デスネー。

こんときの本をピャラ~って見ていたらイメージに近いのを発見。
この本の30ページに載っていた『スリッポン』ちゃんです。
slippon_02.jpg

スリッパやルームシューズはソックスの上から履くことが多いけど、よくよく考えたら普段ワタシは冬でも裸足でいる事の方が多いんだった。“素足でポンッ”と簡単に履けちゃう室内履きが欲しいなーと思って。うん、これなら丁度いいわ~。底の部分はちゃんとフエルトだし。

slippon_01.jpg

毛糸玉で遊びたがるアイツが寝ている間に足型とって、進めちゃうゾー。

上手く出来たら職場用のも作ってみよかな。(*゚ー゚*)夢は広がるどこまでも~ 

六本木から

2010.05.09 *Sun
「あぁーあ。東京・・・楽しかったなぁ」
「あぁーあ。日本・・・次はいつ戻れるのかなぁ」

そんなことばっかり考えていたある日。以前にお世話になったJ-WAVEさんから封書が届きました。関東圏外の人たちは分からないかもしれないけど、FM放送局。ラジオ局です。

jwave.jpg

封書の中身はJ-WAVEオリジナルの「ネック・ストラップ」と「ステッカー」と、スタッフさんから肉筆の「お手紙」。そして、今わたしが恋焦がれている「東京」の空気もー。(;ω;*)


こ、こんなの見たらますます東京を思い出して帰りたくなるっしょー!


・゜・(つД`)・゜・うわぁーん。さすがJ-WAVEさんダゼ。
ホームシック、一気に加速だゼ。(泣き笑い)


* * * * *

今日はNZも日本も母の日、ですね。
実母には週の始めにちょっとしたものを贈っておいたんだけど義母には今年は何もしてないや・・・。うーん。猫好きの義母にCHASのDVDでも送ろっかな。
そんなんじゃダメかな。(;;'-')ヾ なんか投げやりっぽいか。(笑)
| 宝* |

ハーフサイズ・ティッシュの底。

2010.05.07 *Fri
※本日2つ目の投稿で~す。


ハーフサイズのティッシュボックスを作ろうと最初に思ったのは日本ででした。

あ、話しはいきなり脱線しますが、ワタシはシティホテル・ステイが好きなんです。旅先は勿論、都内でも、ウチと同じ沿線であっても、親戚や友達の家が隣りにあってそっちに宿泊できる状況であっても、あえてホテルに泊まりに行くことがよくあるんです。(^‐^*)そんなわけで、じつは今回の里帰り時もお気に入りのホテルに連泊したのでありました。

half_tissue_09.jpg

で話しを戻しまして、そのホテルの鏡台に置いてあったティッシュを見て、花粉症や風邪をひいている時以外は大概“ちょい拭き”だし『こんなもん(半分のサイズ)で充分だな~。』とふと思ったのがそもそものキッカケでした。


で、自宅に戻って早々にホームシックを紛らわせる為にも勢いよく編んだのがあの3つ。
基本的なつくりは同じだけど底の部分がちょっと違います。

half_tissue_07.jpg

白い方はカゴのように編んだけど、

half_tissue_08.jpg

青い方は四隅に紐を張ってズレ防止。

うーん。こっちの方が毛糸の節約にはなるんだけど...

個人的にはカゴタイプの方が好みかな。('-'*)

ハーフサイズ・ティッシュの中身。

2010.05.07 *Fri
『中はどうなっているの?』というメッセージ(←ありがとうございます)を頂いたので中身の紹介。

half_tissue_01.jpg

簡単に言えば、箱もペーパーもただ半分に切っただけなんですが・・・。(;゚ з ゚)~♪
用意するものはティッシュ・ボックスとハサミとテープ。
(私は両面テープを使ったけど普通のセロハンテープでも問題ナシかと。)


まずはBOXの方。

half_tissue_02.jpg

箱のサイドを開いて中身(ペーパー)を取り出して、

half_tissue_03.jpg

半分にカットしただけ。(・・;) that's all.

ペーパーを取り出す時に開けた部分をテープで貼り付け。テープの出番は以上です。


次にペーパー。
こっちはひと手間かかります。

half_tissue_04.jpg

ハサミでバチン!とカットすると切り口が左の写真のようにくっついちゃうんですよ。このままではティッシュを取り出し難いので、この切り口部分を親指で本のページをパラパラパラ~とめくるように摩る(?)と右の写真のようにほぐれてくれます。

つ、伝わるかなー。この説明。(;´▽`A

ともかく親指でゴシゴシすればなんとかなります。(爆)

half_tissue_05.jpg

最初の一枚と最後の一枚を互い違いに重ねあわせ、

half_tissue_06.jpg

取り出し口をカットした箱に収めたら完成です。

あとはこの箱のサイズに合わせたカヴァーを作るだけ。簡単

Admin



Calendar

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。