This Archive : 2010年03月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“にょろにょろ”のその後。

2010.03.18 *Thu

にょろにょろ&くねくねの続きです。
じつはとぉーっくの昔に完成していたんですけどー
元気になって仕事に戻った途端、
またしてもBlog更新をする暇が無くなってしもたがなー。(・ω・`;)ゝ



で、つづき!

近所のお店で↓この2点を買ってきました。
kunekune_accessory.jpg

コサージュとストラップ状になったビーズを2本。

コサージュに付いているドット柄の羽根が気持ち悪いので即撤去。
(※管理人は鳥恐怖症どぇす。鳥を連想させるモノも苦手なのどぇす。)

kunekune_03.jpg

代わりに色味を合わせてベージュのレースを縫い付けました。
こっちの方がプレゼントする友達のイメージに合ってるー。

kunekune_06.jpg

ビーズの方は“にょろにょろ”の先っぽに縫い付け、こうなりました。

この“にょろにょろ”の正体は、春&秋両用マフラーでした~。
(コロコロしていてあんまり温かくはないので必然的に春・秋用に。^^;)


くりん♪とするとこうなります。
↓  ↓  ↓
kunekune_04.jpg

コサージュは中央よりも横にした方がいいかな。('ー'*)

これは最近、NZLの永住権を取得できたお友達へのプレゼント。

kunekune_05.jpg

まだ渡せていないから装着した姿は見れていないけど
彼女ならきっと似合う。自信あり。

気に入ってくれるといいな~。

スポンサーサイト

Round The Bays 2010

2010.03.15 *Mon


彼や友人が出場したマラソン大会の応援に行ってきました。


round_the_bays_1.jpg

応援・カメラマン・送迎運転手のいわゆる雑用係を担うわたしは、
近くの駅まで出場する彼と友人を見送ったあとにゴール地点へ先回り。

スタートまであと1時間。ゴール附近はまだ穏やかです。


round_the_bays_2.jpg

ゴール後に配給するお水のボトルが山積み。
すごい量。こんなに走る人がいるんだ~。
年々出場者が増加している大人気の大会なのです。


round_the_bays_3.jpg

マラソン大会と言っても8.4km Flat Courseの Fun Runで、
仮装をしている人もいれば、バギーを押しながらの人もいるし
本当はダメだと思うけど、ペットの犬と一緒に走ったり
ローラーブレードやキックボードの子供もいたり。
(ルール違反だ!ズルだ!と文句言う人もいません。^^)
本気モードでジリジリ&ギラギラの人もいれば
お友達とずぅーーーーとお喋りしながらただ歩くだけの人も。

参加費がそのままチャリティにもなっているから
それぞれが自分のスタイルで楽しく参加すればOKなのです。

round_the_bays_4.jpg

スタートから約50分後。
彼も(ソフトボールの)チームメイトと笑顔でゴ~ル。

5~6年前に一度出場したことがあって、
その時とタイムはさほど変わらなかったけど体の方はだいぶラクみたい。
やっぱり日頃のソフトボールの練習とジョギングの成果なのかな。
あ。煙草をやめて1年半経ったし、それも結構なアドヴァンテージかもな~。

| 外* |

にょろにょろ。

2010.03.12 *Fri

まだ「完璧!」とは云えないけどだいぶ調子が戻ってきた。
一週間、発作もおさまっているから明日から復職してみる。(`・ω・´)b
内心ドキドキだけど・・・
無理をしないように職場の人たちが見張っていてくれるって約束。

(;´▽`A お、お世話になります。


完全に元の生活に戻る前に作りたい物があったんで編み物をちょこっと。
(仕事をし始めるとハンドメイドがなかなか出来ないんでね。)

おけいBAGと同じ糸がたっぷりとあったんで、それを使って。


kunekune_01.jpg

カギ針で一本、模様編みを長ぁ~~~~~~く編みましてー。

kunekune_02.jpg

真ん中で、「U」の字のように二つ折りにして、
内側(矢印の所)をはぎ合わせて一本に。

このにょろにょろ&クネクネっとした物体。
お友達へのプレゼント。
もうこれでほぼ完成なんだけど今日はここまで。
無理しちゃアカンからねー。('-'*)



ミニ・アーモンド・カップケーキ

2010.03.10 *Wed
先月までは、3月末の一時帰国前に我が家の恒例行事の「春・秋大掃除祭」を開催するつもりだったんだけど、なんせ最悪のコンディションになってしまったもんでね~。

楽しみにしていた祭りの開催は泣く泣く諦めました。(つДT)ぁぁ... 

私の体調にもよるけど、来週からちょっとずつ『プレ掃除』と『衣替え』を始めて、来月、NZに戻ってから一挙に仕上げることに致しますわー。
前回は開催日がズレて12月にやったばかり。(裏テーマはコチラ
だから帰国後でも問題無しのはずサッ。←と自分に言い聞かせ中。


まぁ、最悪、部屋の方はいつでもいいけれど、冷蔵庫やパントリーはそうもいきませんからねっ。生ものは勿論だけど日持ちしないモノや開封済みのモノから効率良く消費して、できるだけ破棄する物を減らして、出発日にはスッカラカンにして行かなくちゃっ。

まだ『機敏な動き』とやらは無理なんだけど、“お婆ちゃんムーヴ”でも料理ぐらいは辛うじて出来るようになったんで、早速パントリーの奥で眠っていたアーモンドプードル(粉末アーモンド)と開封済みアーモンドスライスでミニ・カップケーキを作りました。

mini_almond_cake1.jpg

ちなみにレシピは超適当。
確か、小麦粉は大さじ1も入っていないかな。90%はアーモンドの粉。あとは、タマゴとバターとミルクを目分量で乱暴に投入。(笑)お砂糖は入れなかったけど、アーモンドの自然の甘みが楽しめて「入れなくて正解」だったと。(←彼談)

mini_almond_cake2.jpg

通常のマフィン型と比べてみると、こんくらいのミニサイズ。
普通サイズだと「もうちょっと食べたいけど一個は多いな・・・」って困る時があるけど(←あれ?私だけかな?^^;)ミニならその点、調整しやすいから気に入ってます。でも、小さいからって調子に乗ってポンポン口に運んでいると食べすぎちゃうけどね。



突然ですが、問題です。

今この時期に『ケーキを焼く』『お菓子作りをする』のには
冷蔵庫&パントリの一掃をする為だけではなくて、じつは他にも理由が。


「裏目的」があるのです。


さて、それはなんでしょう?




答え。




「家中の漢方臭を消す為。」(´Д`;)
でもそれも一時的なんだけどね・・・。(汗)
| 食* |

続々・やはり今年もか...。

2010.03.08 *Mon
じつは生まれつきの虚弱体質で持病というものがいろいろある私なんだけど、今回大爆発したのはメニエール病という病気なんですぅ。これが発症してからもう6年になりまする。(´_`;)


いつもは、この発作が起きてもとりあえず安静にしていれば半日後には起き上がれるようになって、翌日には軽い物なら食べられるぐらい回復するのに、今回は一日何度も、数時間おきに繰り返し&繰り返し発作が起こって、お水を一口飲む事さえもやっと。なんとか飲み込んでもすぐに戻しちゃうし・・・。症状のひとつの「回転性のめまい」もいつもよりも超高速スピン!イスに座っていてもテーブルにしがみついてガッチリと上体を支えていないと転げ落ちそうになるぐらい世の中が私を中心にぐるんぐるん。 お腹はすくけどともかく強い吐き気で食べられないし、眠りたくても気持ちワル過ぎで寝られないし、「音」にすっごく敏感になってあらゆる雑音が体に突き刺さる感覚があるし。もう地獄。

大概のお医者さん達はね、「この病気では人は死なない。」と言うんです。

でもね?【食べられない・眠れない・起き上がれない・話せない】←こんな症状が続いたら、いわゆる普通の生活を送る事はまず無理だし、一人じゃ生きていけないし、それって「死ぬ」も同然じゃないのぉー??って思うのですよ。どうですかね。
毎回「死なないから大丈夫」って言葉を聞くと、なんかどっか不愉快というか、不快感が募るっていうかな。『そうおっしゃりますけどねぇー、先生にはこの辛さは分らないでしょう?』って突っかかりたくもなっちゃいます。先生方は、「命を落とすような深刻な病気じゃないよ。さほど神経質にならなくても大丈夫だよ。」っという意味合いで安心させようと思って言うのかもしれないけど・・・。でも、そう言われた患者には「こんくらいの病気ぐらいでいちいち騒ぐな。」と言ってるように聞こえてしまう事も、間々、あるわけで...。(/-\;)

どんな病気でも患者本人にとってみたら心底ツライのね。病気は病気なのね。助けを求めてすがり付く人に、軽々しく「死ななから大丈夫。」なんてことは言って欲しくないのね。


と、ボヤキはこのへんにして、「曹先生」。(*゚ー゚*)b

いつもは発作が来ても『そのうち治まる。いつかは治まる。』と念仏のように唱えて耐えてやり過ごすのだけど、今回は前の発作が完全に治まる前に次の発作が起こって、また次の発作、次の発作、と次から次。そんなんが数日続いてすっかり弱気に。

診察中にも発作に襲われて、ワ!ワ!ワッ!とパニックになる私に(←外出先で発作になると恥ずかしさと不安倍増とで慌ててしまうのです。)「安心しろ。」「目をつぶってまずは深呼吸だ。」とドッシリ構えた先生はとっても逞しくみえました。

ちっちゃいお爺ちゃん、なのに。ぷ

初めは鍼灸治療かな?と素人予想をしていたけど、診察の結果、私にはChinese Herbal Medicine、いわゆる「漢方薬」が有効的ということで、即日、漢方治療をスタート。

この一袋が一日分。これを1時間程煎じたものを飲みます。
chinese_herbal_hedicine.jpg


これがまた臭いのなんのって、ア~タ!(爆)

味も、身震いするほどマズイ。(;; ̄y ̄)クサイ+マズイ悶絶

でもこれで良くなれるならナンてことない!頑張れる!
3日おきの診察で体調に合わせた薬をその都度処方してもらいます。
始めの3日間は好転反応なのかな?シンドくてシンドくて、ずぅーっとBedの上で唸っていたけど、スタートから1週間後に急になにかが「明けた」ような感覚があって、翌日からは最低限の家事や家の周りぐらいなら散歩もできるぐらい回復。
モノが歪まず、動かず、しっかりと見える普段の視界に感謝の気持ちが芽生えたり、お風呂掃除が出来ている自分や近所の八百屋さんで買い物が出来ている自分に感動したり。「普通に出来る」ことが泣きたくなるほど嬉しかったなー。(まだ車の運転は禁止されているけど。)


初診の時、曹先生からは「85%の確率で治せる。」「正直言って100%のGuaranty(保障)は無いけど、どうする?わたしの治療を受けてみる?君の判断に任せるよ。」と聞かれたんですけどね、苦しさのピークで藁にもすがる思いだったし、信頼できる先生だと思えたから間髪入れずに『お願いします!(->_<)人!』と日本語で叫んじゃっていました。(笑)
治療の先延ばしをしたって悪化するだけだし、延ばせば治る確率も下がるだけだし、本気で治す気なら一刻も早く治療を開始すべきだというマネージャーの言葉にも頷けたんです。
それに、これといった治療方法もなく私の体質なり症状なりが良くなるのをただ待つだけのような他の医師と比べたら、85%はかなり高い数字ですよね。迷う理由はありませんでした。


だいぶ調子が良くなって、しばらくぶりに見た我庭。

chamomile_01.jpg
あれま!
カモマイル(カモミール)が野生化しちゃってボッサボサ。(汗)

トリミングする元気はまだ無いんだけど、お花をいくつか摘んでお湯に浮かべて足湯に使いましたよ。(←真夏でも手足が冷た~い末端冷え性。)

chamomile_02.jpg

同じハーブでもこっちはめちゃくちゃいい香りなんだけどー。(;´▽`A 

今では家中が漢方臭。クシャイクシャイ
この手の臭いが超苦手な彼は、日に日に元気になっていく私とは裏腹に、日に日にヤられ気味。(爆)でもそのお陰で、今まで柑橘系の香り以外は全て「臭い」で統一だった彼だけど、お花の香りやラヴェンダーやゼラニウムといったハーブの香りも「いい匂い」と思えるようになったみたい。アハハ 怪我の功名だw




なんか、ダウン話ばかりが3つも続いちゃってスミマセン。
次回はもっと楽しいお話しがしたいです。(;;'-')ゝ
でもダウンしていたからネタが無いんだった ・・・。
| about me* |

続・やはり今年もか...。

2010.03.06 *Sat
おしぼり」の記事を投稿した翌日に持病の発作爆弾が大爆発。
完全ナックアーウツッ。(=ノックアウト) な・の・に、「夏の必需品。」「家族不孝者の帰国。」が続けて更新できたワケは予約投稿機能を使ったからなのでした。

なんだろ、今思えば“虫の知らせ”みたいなもん?
普段、予約投稿なんて使うことはないんだけどね、なんとな~くおしぼりエントリをUPした後、
「時間もあるし、ついでだし、まとめて書いておこっかな。」って気持ちになって書き溜めておいたわけだけど、まさか翌日に死ビトと化すことになろうとは。(~ー~;)いやはや...



私のこの発作性の病気は、(現地点で)西洋医学では症状を抑える薬は処方できても完治を目指した治療っちゅー治療がこれと云って無くってですねー、手術も一般的では無くて、薬を服用しながらも又いつ発作に襲われるか常に不安と隣り合わせ。一時的に治まってもその場しのぎと云いましょうか・・・。(・ω・`;)結局、『根本の解決』にはならなくて、なんとなく西洋医学の“振り幅”みたいなもんが見え隠れ。(?)

ま、そもそもNZの医療に過去の経験から思いっきり不信感を募らせている私としてはNZのお医者さんに治してもらう気は更々無くってですね。(´m`;)全く期待もしていないし(毒)、たとえ発作が起こってもNZの病院にはかかるつもりはハナッから無かったんです。

でも、東洋医学の先生、しかも中国でもトップレベルのお医者さまとなれば話は別!多少の時間とお金がかかってもTCM(伝統中国医療)でちゃんとした先生に診てもらって、真面目に治療に取り組もうと決意した次第です!

・・・というよりも、回復&完治を切に願う程、今回の発作は本当に本当にキツくてキツくて。生まれつきの虚弱体質で、ある意味病気慣れをした私でさえも大変こたえたアルヨ。
(->_<-)もぅあんなのイヤダー!絶対ヤダー!


それに、このままでは今月末の帰国は絶対無理だと思ったし。...(・_・;)んね?



職場のマネージャーに抱きかかえられながら初めて訪れた曹医師のクリニック。曹先生は、植木等さん横山やすしさんを足して2で割った様なちっちゃなお爺ちゃんでした。(笑)

でも、ひとたび診察が始まると、スゥーッと「医師の顔」に変わって、厳格な態度で威厳があって頼もしいの。言葉一つ一つにとても慎重で(←全部中国語なんだけどね。マネージャー&奥様が英訳してくれる。)、軽々しく「治る」とか「大丈夫」とかは決して言わないのですよ。そこがまた信頼できるわけなんですよ。



曹先生の治療を始めてから今日で10日目。
2日前から発作はピタリと止まりました。
今日はもう「ふらつき」もありませーん。v(゚-゚*)ィェィ
ようやく普通の生活ができるようになってきたよーん。
症状がだ~いぶ治まってきましたー。イャッホーィ♪♪
| about me* |

やはり今年もか...。

2010.03.04 *Thu
ど~もダメです。(x_x;)
今年もやっぱりこの時期にダウーン。
しょぼぼ~ん。

いったいなんでだろう?
20代後半...NZに来たあたりからかな、決まって2月~3月に持病が悪化したり新たな病気を患ったり、とにかく体調を今までにないぐらいガックーンと崩してしまうのねーん。
31歳の時は特に酷くって、節分を過ぎた1週間後に、本人は真面目に死を覚悟する程で、「これがもしや(前)厄なのか?だとしたら厄ってスゴッ!怖ッ!」と震え上がった記憶がありますもん。マジでマジで。

去年もこの時期に原因不明の病気にかかってBlogの更新もお休みしてたよな、そういえば。突然強い痒みの湿疹が全身に広がってそれが何週間もひかず、腕なんてパーンパンに腫れあがっちゃって、外出は勿論、家事もな~んにも出来なかったっけ。「痛み」よりも「痒み」の方がストレスで精神的にも参ってしまった苦しい数ヶ月だった・・・。(゜‐゜;)また厄?って思っていたし。

arm_2009.jpg
 こんな写真が残っていましたYO☆
 ← ← ← ← ←
  
 上は、去年3月。
 パツンパツンに腫れあがって
 痒みも痛みもピークな頃のMy右腕。
 
 下は、3ヵ月後。
 まだ完全には腫れがひいていないけど
 痛みも痒みも消えてだいぶラクになった頃。



んで、今年の話。

節分の頃から「今年は大丈夫なのかなぁ・・・。最近めちゃくちゃ暑いけどー。」と覚悟というか警戒というか、多少、身構えてはいたんだけどね。うん。やっぱりダメだったー。(´Д`;;)「あ~ぁ、またか~」みたいな諦めもアリ。

職場で持病の発作爆弾が大爆発。ドッカーン!
休憩中だったのがせめてもの救いで、これが仕事中だったらクライアントにも会社にもワークメイト(同僚)にも大迷惑をかけるところだった・・・。

たまたまオフで家に居た彼に迎えに来てもらってそのまま“死ビト”と化していました。

次の日もそのまた次の日も大爆発と小爆発のくり返し。
今までこんなに短い間隔で発作が頻発したことがなかったから「いよいよダメなのか。」「これからどうやって生きていったらいいのか。」とベッドの中で独り、どうしようもない闇に飲み込まれて息苦しくなるところまで追い詰められちゃいましたよ。
(いや、ホントにねっ。その時点で当人全く笑えませんでしたからー。)

救われたのは職場の人たちが「健康」「病気」の事に関してはさすがに理解が早くて、こちらからアレコレ説明しなくても状況を見ただけで全ての事情を汲んでくれて、「仕事の事は何も心配しなくていいからともかく休みなさい。」とむこうから休職をオファーしてくれたり、アドヴァイスをくれたり、仕事で居ない彼の代わりにチャイニーズDr.の所まで送迎してくれたり。

そそそ!今回ね、職場のマネージャーの紹介でトップレベルの中国人医師に診てもらうことができたんですよ。40年以上のキャリアがあって数年前までは中国随一の大学病院で教授をされていたスゴ腕の医師。中国でもこのレベルの先生にはなかなか診てもらえないものらしいです。
すっごくラッキー♪


T.C.M.(伝統中国医療)で治療を始めて1週間。

ようやくこうしてBlog更新ができるまで回復。
でもまだ「ふらつき」があったり発作前独特の「怪しい感覚」があるんで今日のところはこのへんでストップ。続きはまた今度。近いうちに。(*゚ー゚*)


ダウンしているうちにVancouver Olympicも、ランタン・フィスティバルも、おひなまつりも、Blog-ABRD2周年も終わっていたよー。(つД`;)ぁ-
(でもフィギュアスケートは録画してもらって観た!観たよ!)
| about me* |

Admin



Calendar

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。