This Archive : 2009年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題のWedding

2009.07.29 *Wed
オーガンジーのカーテンを取り付けている最中、ふと思った。

organdy_curtain1.jpg

あらん♪ウエディングドレスみたい。


ウエディングといえば!

今すご~い話題になっているKevin HeinzさんとJill PetersonさんのSt. Paul教会(Minnesota)での結婚式の入場シーン。(You Tube)

明るくて、楽しくて、温かくて、最後はなんだか感動です。



You Tubeの再生回数もぐんぐん増えて、注目され、遠く離れたNZのTVニュースでもピックアップされたんですよ。

じつはこの新郎のKevinさん。私の後輩がかつて通っていた学校の先生だったそうで(California.確かOrange Countyだったかな)一年間彼女の担任の先生でもあったらしく、久々に見たKevin先生が全米ニュースでドドーンと流れて超驚いたんだって。
「(゜∀゜;) うわ!あのKevin先生がこの新郎Kevinと同一人物?!」って。
学校では結構クール・・・というか、物静かで冗談なんかも言わず、ちょっと冷たいぐらいに思っていたのにテレビの映像ではノリノリで踊って更にはでんぐり返しまでしちゃっているもんだから。そりゃ驚くわな。(笑)

ニュースによるとこれは新婦さんのアイデアで、本番数時間前にリハーサルをしただけなんだって。すごい素敵 残念ながら(?)今のところ私自身には2度目の結婚式の予定がないんで、フレンズ枠で参加したい!
誰か~ 一生懸命踊りますんで是非♪(笑)

でもね、これは(You Tube)ちょっとやりすぎじゃない?w
テレビ番組で再現って・・・。
一発本番、唯一の出来事だから価値があるんじゃないの~?(^^;)



ANYWAY,
organdy_curtain2.jpg

やっぱりレースよりもオーガンジーのカーテンの方が好き♪
7月の夕方の空。このくすんだ紫色のカーテン越しの夕空。
好みの色なんだわ~。(*´▽`*)
スポンサーサイト
| 雑記* |

7月の町撮り。

2009.07.28 *Tue
(-Д-;)あうぅ・・・。
なーんか最近、『タイムマネージメント』がへたっぴで困る。
うぅー゛うぅ゛ー。なんでだぁ~!全てが効率悪ッ。

ホントはですね、、、

「8月になったら、放ったらかしで見事な雑草ジャングルになったコートヤードの手入れ(≒テコ入れ?)をしよう」「ほら、八月の別名は“葉月”だし~。葉っぱの月~♪ガーデニングの月~♪」なんてのん気に思っていたのに、この分でいくと とてもじゃないけど庭になんて手がまわりません・・・。

ぐやじぃぃ(*≧皿≦*)ぃぃ。

おかしいなー。例年この時期は暇なのに。どこでこうなった?今年はなんだ?7月にこんなにバタバタ?うーむ。( ;==)わからん!



* * * * * * * * * * * * * * *

バタバタ&ゴチャゴチャしていてBlog更新はノロノロだけど、
体調崩しているわけではないのでどうかご心配なく。(*´▽`*)
むしろ寝込みたいぐらいですが(笑)
逆にいつもより体調宜しい・・・。f(´ー`;)

連日出歩いてカラダは疲れるけど、体調は良いんです。
体調がいいからまた外出の用事が入っても行けてしまう。^^;
快調なのも 良いような、悪いような。w


そんな外出の合間に撮ったCityの写真を載せておきます。
町撮りは5月のこの時以来だから2ヶ月ぶり。
あの時よりもだいぶ日も延びて、確実に春に近づいています。

july_queenstreet.jpg

写真左:←
メインストリート『Queen Street』のスタート地点。
こんな、この国一の目抜き通りから見る空でも、
やっぱりNZの空はキレイだ~♪澄んでるわ~♪

写真右:→
NZになんだか似つかわしくないというか・・・。(;´▽`A
NZなりに精一杯頑張ったんだろうな~と、
ちょっと同情心も芽生えちゃうGucciとVuittonの建物。

一応、羊の国でもブランド店があるんですよ。(笑)


tower_bungy.jpg

Aucklandのランドマーク『Sky Tower』。
(手前の鉄骨は逆バンジーです。)

このタワーの一帯をSky Cityと言って、ホテルやバー・レストランの他
いろいろなアトラクションが楽しめる施設になっています。
先日の「おくりびと」もこのタワーの足元にある劇場で鑑賞してきました。


そしてこちらは同じくSky City内にあるCASINO(カジノ)。
casino_2.jpg

ニュージーランドではカジノは合法です。

casino_1.jpg

午前中だったからお客さん、全然居なかった。(^m^;)

| 外* |

なんか、ヤ。

2009.07.25 *Sat
jin_beam_1.jpg

これ、今うちにある『JIM BEAM』 2ボトル。

両方ともまっさら。開封前です。

同じ棚からPickして同じ時に購入したはずなのに・・・・・

jin_beam_2.jpg

なんかヤですぅ~。 (;´Д`;) why so??
| 雑記* |

映画のおはなし。

2009.07.24 *Fri
film_festival.jpg

只今International Film Festival(映画祭)真っ最中のニュージーランド。
(オークランドは26日までですが・・・。) わたしも遅ればせながらアカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』を観てきました。

okuribito.jpg

さすが、話題の作品だけあって連日満席。
(AKLでは上映日が4日あって、その内の2日間のチケットはすぐに売り切れ。)
果たして外国の人たちの反応は??(*^-^*)



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

最期の旅立ちのお手伝いをする「おくりびと」とは死者を棺に納める「納棺師」のこと。遺体に触れる仕事のせいか、“汚らわしい”“死人で儲けている”などと忌み嫌われ偏見をもたれる職業にひょんな事から就くことになった主人公がさまざまな死に向き合っていく内に 生とは、死とは、迷い、戸惑い、成長していく。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―



当日はしっかりウォーター・プルーフのアイメイクにタオルハンカチを握り締めて劇場へと向かったけど、もうそんなの通り越してグシュグシュでしたー。(´▽`;)後半は鼻呼吸ができなくなって、挙句の果てには鼻のすすりすぎとヒクヒクしちゃうのを無理矢理我慢してたせいで頭が重~くなってきて劇場を出るときは軽い頭痛に襲われ妙な疲労感まであってヘロヘロ~。なにやってんだか。f(^^;)

決して辛く悲しい映画じゃなくて、周りのNZ人なんて最初のシーンから膝を叩いて笑っていたし、ユーモラスなシーンもたくさん!
ゆったりと穏やかな流れの中で人々の心のひだがとっても優しく且つユーモラスに描かれているから笑っているのに涙が溢れてきて、わたしずっと泣き笑い。
もぅ、ものすっごいブサイク顔で過ごした2時間ちょっとでした。(T▽T)

映画を観すすめていくと、納棺師の心のこもった所作に胸打たれ、その動作一つ一つがとっても美しく、心にグッとくるものがありましたよ。
本当に大切に、丁寧に丁寧に作りこまれた映画なんだな~って。


departures.jpg

英題は『Departures』
アカデミー賞受賞作品とはいえ、果たしてこういう日本独特な、同じ日本でも地域や宗派によって異なるものを外国人にも理解ができるのかな?なーんて、(私がしてもしょうがない)心配をしつつ観始めたけど、トンだ取り越し苦労でした。

劇場中のみんなが同じタイミングで泣いて、笑って、
最後のスタッフロールが流れた際には拍手が湧き起こった。

「あぁ~わかるんだ~♪」ってなんでか嬉しかったナ。(*^m^*)



ちょ、ちょっとだけ、、、
あえて、あーえーて、残念なところを述べるのならば・・・

『最後』 (;;'-')

最後だけ、なんだか慌てたような?急いで枠に収めたような?そんな駆け足な印象がありました。急に「あ、これ映画なんだ。」って我に返ったというか。



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

人は誰でもいつかは「おくりびと」となり、「おくられびと」となる。
大切な人を どう送り、そしてどう送られたいか・・・。

たまにはそんなことをじっくりと考えるのも悪くない。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―



映画はやっぱり劇場で、がいいな。('-'*)



去年『つぐない』という映画を映画館で観て、その時は上映が終わってからいろいろな想いが心に浮かんできたけど、最近その映画をDVDで再び観る機会があって、当然同じ内容に同じ音楽なのに最初に劇場で観た時のような想いは浮かばず、まるで違う映画を観たような気持ち。
不思議だな~。こんなに後味が違うものなのね。

tsugunai.jpg

こちらもアカデミー賞受賞作品。(作曲賞)
原作はイアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」(しょくざい)。
もともとは映画関連の仕事をしている友人から勧められて知った作品だけど
「嗚呼これは劇場で観てよかったなー。」と心底思いました。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

少女であるが故の潔癖さ。
少女のついた一つの嘘によって人生を狂わされる二人。
取り返しのつかない事をしたと一生背負い続けた罪の意識。

タイトルの『つぐない』は最後で納得。

おとぎ話のような美しいシーンから戦争の悲惨な映像へと移り変わる様も見事。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―


好きな人に自分の気持ちを素直に伝えて

好きな人と一緒に居られて

好きな人と共に過ごせる。

それは決して当たり前のことではなく、

じつはすごく幸せなことなんだと、、、

改めて思わされた作品です。




どちらも機会があれば是非ご覧下さい。('ー'*)

Shelf・5 【完成】

2009.07.20 *Mon
扉は、一応床から数ミリ上の位置に取り付けたけど本体がカーペットに若干沈むせいでオープンする時にちょこっと引っかかる。 タイルやフローリングの上では問題無いけどカーペットだとツツツ・・・とこすれる。(汗)これを置く予定のリビングは全面カーペットなんだよなー。
media_stand_22.jpg

でも、まぁー この扉はそんなに開閉頻度はないと思うし開けられないワケじゃないから今回はこれでいいや。ここは妥協、妥協。(笑)



ところで、

私はアイアン製品が大好き! なのです。

・・・って、突然の宣言ですが。(笑)
もしも将来、一から自分の好きなように家を建てられるなんて素敵機会があったら、絶対にアイアンだらけになっちゃう。門扉・フェンス・表札・照明・格子、手すり、傘立てやタオルかけ、トイレットペーパーホルダーなどのインテリア雑貨・ガーデンファニチャーや、アイアンの妻飾りなんかも憧れだ~。


media_stand_17.jpg

そんなわけでアイアン取っ手に続いてこんなブラケットを2つ購入してきちゃいました。いわゆる「棚受け」なんですけどー、今回は本来の使い方ではなくて飾り目的で我が家へお連れ致しました。('m'*)


飾って頂くのはこちら。

media_stand_18.jpg

これをここに取り付けたら、もう完成~♪


で・け・た


早速、“予定地”まで運んでみる。

media_stand_19.jpg

横幅ピッタリ!

事前にサイドボードと壁の隙間を測って、丁度良い寸法の棚キットを見つけて買ったのだからピッタリなのは当然だけど、本当にぴったんこだとやっぱり嬉しいナ。
欲しいサイズに自分で調整できるのがハンドメイド/D.I.Y.の醍醐味なんでしょうね。この嬉しさが次の創作意欲を湧かすのかもしれないナ。(*^-^*)

隣りのサイドボードと塗料が一緒だから(色の)統一感も出た♪


本当は背面&側面も板を取り付けたかったけど資金不足の為に諦め。木材って何気に高いですよね。(NZだけ?)もしも全面板をはっていたら「出来合いの物を買った方が安い」なんて状況になって作った意味が無くなっちゃう。

media_stand_20.jpg

でも、幸いなことに壁とサイドボードにピッタリと囲まれているから後ろや横から覗くとスケスケ・スケルトンな棚でもそんなに違和感なく済むかな・・・と。

binbocchama.jpg  だ、大丈夫だよねぇ・・・?
 後ろから見たらまるで
 ←この方(貧ぼっちゃま)
 みたいだけどさ・・・。(滝汗)



ちなみにこの棚は後々、解体することが前提。
ちゃっちー家具なんでね^^; 永久モノではなくて、模様替えして場所が無くなったりまた引越しをして不要になったら解体して別のものに作り直したりして使いたいんで。

media_stand_21.jpg

それにしても狭い室内での作業は大変! (;>o<)
もぅ、、、洗濯物をあっちに退かしたりテーブルやイスを向こうに動かしたり、ソファをあっちに押しのけたり、テレビの向きを変えたり、あっちにこっちに面倒くさ~い。
やっとそんな生活が終わったわー。C~( ̄。 ̄ ;)はふぅ~

でもまだ塗料が残っているのよねぇ・・・。(汗)

Shelf・4

2009.07.18 *Sat
そもそもどーしてこの棚を作ることになったのかというと、数日前にリビングの軽い模様替えをして、その時あのリメイク途中のサイドボードの上にTVを置くことになり・・・TVの場所は決まったけどそれに繋がっているDVDとかVCRとかはどないしよ?一緒にサイドボードの上に載せるのはちょっとイヤだし、サイドボードの中に入れるには背面にコードを通す穴を開けないといけないし、床に置くわけにもいかないし... 。

じゃあ専用の棚を作りましょ。サイドボードで使った塗料もまだ残っているから同じペイントにすれば統一感も出るし。と、半ば必要に迫られて作る流れになりました。幸い私には時間もたっぷりあるし、変なスイッチも入ったことだし。('m';)

media_stand_16.jpg






 ←TV台となったサイドボード。


 あ、我が家の主人は
 SONY教徒なんで
 家電のほとんどはソニさんです。




* * *


そして扉作りの続き。


取っ手は絶対Iron(アイアン)!!

構想段階でまだなぁ~んにも出来ていないときからそれだけは決めていたので取っ手は迷わず↓コレ にしました。
media_stand_13.jpg

これだけでテンション上っがるぅぅ~
終盤になってようやく楽しくなってきたーッ。(笑)


扉をネジネジと棚の脚に取り付け。
これが結構難しかった・・・。
すぐに斜めになっちゃうし、ズレると扉を閉じた時に真ん中に隙間が出来ちゃうし、不自然な恰好でネジネジして腰や背中が痛くなっちゃうし。 (;>o<)

media_stand_15.jpg

で、なんとかくっ付いた扉。

media_stand_14.jpg

ちゃんと開閉できました。(笑)


これでほぼ終了。あと1コ。次回完成です。(*^-^*)

Kiwifruit Shortbread

2009.07.17 *Fri

D.I.Y.の合間のおやつタイム。

最近のお気に入りはミルクティとショートブレッドのコンビネーション。

kiwifruit_shortbread.jpg

キウイフルーツのショートブレッド。

ニュージーランドらしいでしょ?(*^-^*)

美味しいの♪







心配メールを下さった日本のみなさま:

こちら、地震は大丈夫です。
私が居る北島・Aucklandではなんの揺れも感じませんでしたよ。
ご心配、どうもありがとうございました。このとおり、無事です。(*^-^*)

それにしても日本ではどんな報道がされたのでしょう?
すごく珍しいことに実妹からも「大丈夫?」ってメールが来ました。
滅茶苦茶久しぶりの彼女からのコンタクトに
『もしかして日本ではNZがドえらい事になってるんじゃ??』
・・・と、逆に心配になりました。^^;

最初は また私、ナンかやらかしたかと思ってビビったぁ~!
いつも妹から叱られる姉なんでね・・・。ギャフン
| 食* |

Shelf・3

2009.07.17 *Fri
棚の下段に扉を付けたくて寸法測ってホームセンターへ行ったけど、丁度いい大きさ&厚さ(&値段)の板が無かった・・・。いきなりつまずいた。(>_<;
もちろん希望のサイズにカットしてもらえるけど、カット用の大きな木はどれも分厚くて、あのちゃっち~棚の脚に扉として取り付けたら重みでそのまま前に倒れてくることが素人にも容易に想像がついたんで却下。ベニヤ板でよかったんだけど、薄いベニヤ板も無かったよ・・・。
NZ人はD.I.Y.で1cm以下の板は使わないのぉ?(´~`;)

しばし悩んで、安物棚でも耐久が出来そうな厚さ1cmの軽いパイン材を何枚かつなげて扉板の代用をすることにしましたよ。それしか方法が思いつかなくて。


media_stand_04.jpg

家に戻って早速シュミレーション。

('-'*)フム。

片扉:横幅9cm×高さ90cm×厚さ1cmのパイン材を4枚。

media_stand_05.jpg

こんな金具(Mending Plate)でつないでいきます。(裏側)

繋ぎ終わったらペイント。

media_stand_06.jpg

表側は、ただペイントしただけだと「のっぺり」しそうだったからちょっとした飾り?アクセント?にでもなるかな?っと、上下4つずつ、ブロンズのビスをポチポチとねじ込んでみた。(写真右) 少し強度も増すかな。


そしてまたシュミレーション。

あ!一段分カットした時に余ったすのこは上段の真ん中に付けました。

media_stand_07.jpg

上にDVD、下にVideoを置く予定。

media_stand_08.jpg

だからこの2段にはL字の金具(Angle Bracket)で補強しておきました。

media_stand_09.jpg

だって、こんな亀裂が入っていたりするんだもーん。
正しい位置にビス留めしてもどうしても割れるのー。( ;p_q)

media_stand_10.jpg

しかもこの扉のパイン材も一枚一枚反り返っていて、いくらピッタリ繋げたくても無理なの。ズレズレ・・・。悲しぃ!



いや~。それにしても手が痛いぃ!(;ω;*)

電動ドライバを使うとすぐに板が割れたりネジ頭がなめちゃいそうになるんで一つ一つ自力でネジ回しをしていたら右の掌が赤ぁ~くなって、薄皮でもむけているのかな?シャワー浴びたら沁みるし~。(涙)


・・・・・。


あれ?私、なんかいいグローヴ持ってなかったっけ??
そーだよ!そーだよ!
数年前、お友達から誕生日プレゼントに可愛いピンクのDIY DOLLYのグローヴをプレゼントしてもらったじゃない!!

media_stand_11.jpg
ジャジャ~ン♪
「ガーデニングに使って下さい。」って言われたけど勿体無くてずっと使えなかった可愛いグローヴ。とうとう日の目を見ることに。

ていうか、早く気づけよ。>わたし(;;'-') もう右手真っ赤だよ。

media_stand_12.jpg

オォー!.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 痛くな~い。
滑らないし、力も入れやすいぞ~。むふ♪


よーし。これで一気に仕上げちゃうぞ!!

・・・とコブシを挙げたのはいいんだけど、
ネジが足りなくてまたまたホームセンターへ。

んもーーーーっ。 ε=ε=ε=(ノ;´Д`)ノ

Shelf・2

2009.07.16 *Thu
media_stand_01.jpg

ひとまずキットの本来の形に組み立ててみました。

あの~。詳しい組み立て方とか説明書なんて一切付いて無いんすけど・・・。初心者にとってはこれさえも戸惑うっちゅーの。どこからネジを止めたらいいのやら? 倒して?立てた状態で?一人で支えもなくどうしろと?
材料以外に唯一入っていたのは昨日の写真のあの完成図が描かれた紙一枚。裏を見るとたった二行のインストラクション。

1.すのこ状の棚を一番長い木(=脚)にネジで付けろ。
2.四角形になるようにして、しっかりネジを止めよ。


こ、これだけぇー。>>>(;゜Д゜;) <<<

なんとか出来ましたけどもぉ~。不親切ぅ。(涙)
安物だからしょうがないの?造りも甘々で、ラクをしようと電動ドライバでビス止めしたら木が割れる割れる。あやややや

うぅ・・・・。んもー。
よしっ。こっからダ。(・_・;)ガンバレわたし。


組み立ててみたら171cmもある結構なノッポさん。
こんなに背の高いコンソールはいらないので(=使いにくいので)上一段分を思い切ってカット。(またしても夜中に)ノコギリで4つの脚をぶった切りました。

media_stand_02.jpg

5段から4段に。余ったすのこも勿論あとで使いますよ。
でも、しばらくは部屋の隅でお休みしてて~。


media_stand_03.jpg

カットしたら132cmの高さに。
このくらいが丁度いいね。('ー'*)よしよし


次は扉作り。

下2段分は扉で覆って中が見えないようにしたいから、えっと、またホームセンターで仕入れです。これを作り終えるまで何度通うことになるんだろ。(´▽`;)ハハ



Shelf・1

2009.07.15 *Wed
てなワケで、スイッチ入っちゃったんで生まれて初めて木工D.I.Y.なんぞに挑戦。35歳にして初体験。怪我しないように気をつけよっと。(´▽`;)

とは云え、じつはこのD.I.Y.熱は「なんでもいいから作りたい!」「なにか作ってみたい!」というほど熱を帯びたものではなくて、「こういうの欲しいけど、、、自分で作れるなら作ってみよか?」程度。やる気満々とはチト違う。
だから、もしもイメージしているモノに近くてD.I.Y.と同額かちょっと高いぐらいのモノが売っていたら迷わず買います。わざわざ作ったりはしないかなぁ。^^;

そもそも このスイッチONのキッカケも、サイドボードとコーヒーテーブルのリメイクそのものよりも、その時に買ったペンキがまだだいぶ残っていて、固まって使えなくなってしまうと勿体無いから早く使い切りたいな~っていうのが最大の動機だったりするの・・・。(;;'-') イエス、 ビンボーショー
他に塗るものはないかキョロキョロですよ。(笑)



で、今回ちょっとした棚が必要になりましてね。
日本語ではAVラックとか言うんだっけ? 英語ではMedia Consoleとか Media Standとか言うのだけど、要はDVDやらビデオやらの機材を収納する棚。
いまどきVCR(ビデオ・デッキ)なんて・・・と思うけどたまぁ~~に使うこともあるんで完全には処分できない家電なんですよねぇ。でも、ソフト・ハード共に結構邪魔です。('ー';)

ともかく ド初っぱなんで、イチから(ゼロから?)スタートするよりもまずは初心者らしくキットの類を使った方が無難だろうな~と思いながらホームセンターをウロウロしていたら、希望する横幅にピッタリのシンプルな5段棚ユニットがあったのでまずはコレ購入。
shelf_paper.jpg ←こんな風なのが出来るはず。

すでにネジ穴も開いているし、カットもされているし、必要なネジも全て込みのセット価格の方が木材を一枚ずつ買うよりも安かったんで、「これをベースに作ればいいやね。」という軽い考えで。(無難っていうか無謀?^^;)


ところが家に帰って開封してみたらば安物だけあってどの木も歪んでいるわ、欠けている箇所はあるわ、すのこ状の台の隙間がマチマチだわ、節穴は開いているわ、反っているわ・・・。(閉口)
いくら安物でもこんなんかいと一気にテンションだだ下がり。

shelf_wood.jpg


これなら高くつくけど全て自分で用立てた方がよかったかも、、、と後悔したけど、もぉーしょうがない。これでなんとかやってみよー。最初だからねー。ま、なんとかなるっしょ! っと、誰にともなく言い訳したり慰めてみたりしながら・・・


shelf_wood_white.jpg

・・・夜中2時。
一人黙々とペンキ塗りをしているわたし。σ(´▽`;)

さあ どうなる?!

Admin



Calendar

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。