This Archive : 2009年06月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラニーバッグ

2009.06.30 *Tue
赤ちゃん寝袋の余り糸で小さなグラニーバッグを編みました。

camouflage_grannybag01.jpg

小さいからアっという間。

camouflage_grannybag02.jpg

小さいけど、
「お財布」「携帯電話」「デジカメ」の3点セットぐらいなら入ります。



グラニーバッグは初めて編んでみたけど丸っこくってなんか可愛いなぁ。
うん。いつもの自己流ね。('ー' *)
これね、最初はただ四角く編むだけなんだよ。簡単♪
スポンサーサイト

サイドボードのリメイク・3

2009.06.29 *Mon
二度塗りが終わりましたよー。

remake_sideboard_06.jpg

こうして写真で見ると、「ただの白」ですね・・・。('ー';)
実物はこんなに青みかかった白じゃないんだけどなー。


アンティーク調とまではいかなくても、ベタ塗りのままではなくて、シャビー・シックと申しましょうか?少し古めかしい感じに仕上げたかったので、二度塗りが完全に乾くのを待って今度は

『汚し作業』 に取り掛かりますよっ。


再び右手に紙ヤスリ、左手に掃除機のホースを握り締めて全体をゴシゴシ。「今夜もまた肩こりに悩まされるのね・・・。(涙)」と覚悟をして、所々下の茶色が出てくるようにエッジ(角)の所などは特に力を込めて削って削って。

↓するとこうなる。
remake_sideboard_07.jpg

うん。分かりにくい。(´Д`;)


二つ並べて近くで見た方が分かりやすいかな?
↓左側が削る前のドアノブで右が削った後。

remake_sideboard_08.jpg
んね?


この『汚し作業』は、あんまりやり過ぎてしまうとただのボロ家具になってしまうもんだから微妙な加減が必要なのよね。難しいなー。
没頭してやっていると、つい“もっともっと”と どんどん削りたくなってしまうから、そのへん気をつけながら、少し削っては離れて見たり、休憩挟んでもう一度客観的に眺めてみたり、「ホントはもうちょっと削りたいんだけどなー」程度でSTOPしておきました。

(↓あ、夕方撮影した画像だと少しクリームかかった色がわかる?)
remake_sideboard_09.jpg

remake_sideboard_10.jpg

どうだろ。ボロ手前でSTOPできているかな・・・。実のところ遠目だとよく分からないんけど、まぁ~イメージには近づいてきたかな。


もう少し、もう少し。
 

サイドボードのリメイク・2

2009.06.28 *Sun
前日、首・肩・背中がパンパーン☆になるほど力を込めてペイント・ストリッパーとサンドペーパーを使って古い塗料やニスを出来るだけ剥がしてみたものの、強烈にこびり付いてどう頑張っても手動では限界!キレイに取れない!って箇所が数箇所あったので 結局サンダー君に登場願いました。

お久しぶりです。sander.jpgサンダー君。この時ぶりですね。(´m`*)


運良くこの日は彼がお休みで家に居る!雨も降っていない!
「えぇ~、寝起き早々大変申し訳ございませんが・・・」とお願いしてリビング脇のコートヤードまで一緒に持って出してもらう。そして急いでサンダー君にお仕事をしてもらって、再びリビングの古シーツの上まで運び入れる。この際、脚からペンキ塗りをするのでひっくり返して置いてもらいました。


削って下から出てきたのが白木だったらオイルステインにしようかな~と思ったけど、違ったよー。ざんねーん。(*´Д`*)←無類のオイルステイン好き。 下から出てきた色は濃い茶色で、気に入らないレトロな木目もそのままだったからそれらが見えないようにアクリル塗料で塗ることにしました。

色は、『Mojave Sand』を選択。(自分の為の覚書)
アイボリーよりも白っぽくてクリームかかった色です。

このサイドボードは今はリビングに置いてあるんで、部屋を明るくする為にもライトカラーにしたかったんです。それから、Mojave Sandは、私もかつて旅行をしたことがあるMojave Desert(モハベ砂漠)の砂の色?と懐かしく思って、似たような色がたくさんある中からこれを選んだっつーワケ。

Mojave Desert(モハベ砂漠):
アメリカのカリフォルニア・ユタ・ネバダ・アリゾナ州にまたがる砂漠。



remake_sideboard_05.jpg 写真で見るとただの白・・・。^^;


サイドボードのリメイク・1

2009.06.27 *Sat
そんなわけで、突如スタートしたサイドボードのリメイク。

このサイドボードは8年ぐらい前に中古家具屋さんで買ったものだけど「アンティーク」と呼べるような代物ではなくて、安物。だからこそリメイクも気兼ねなく出来るってもんです。(*゚m゚*)

remake_sideboard_02.jpg(Before)

ずっとおばあちゃん家の家具のようなこの色と木目のレトロ感が気に入らなかったんだけど、「まいっか」で何年も過ごしてそのまんま。無視・・・。(/-\;)
大きな家具だけに、中身を全部出したり移動させたり、また元に戻したりが面倒だったんだな・・・。一日で終わるものでもないからその間の部屋の状態も覚悟がいるし・・・。なんて全部言い訳ね。(;;'-')

れいのハウス・デトックスの時に当然このサイドボードの中身も不要品を片っ端から処分して、整頓して、すっきりとしたもんで、

「えぇ~い!ついでだ!外見もやっつけちゃえー!

という気持ちになったんですなっ。

そうと決まれば今度は一変して一刻も早くスタートしたい!閉店ギリギリの時間にホームセンターへ駆け込んで、なんとか『Paint Stripper』をゲットー!

remake_sideboard_03.jpg

ペイント・ストリッパーはいわゆる剥離(はくり)剤です。
缶に思いっきり『POISON』(毒)と書いてあって、ちょっとでも触れるとチリチリっと痛くなるぐらい強烈な劇薬なんで扱いに気をつけないといけません。ポチっとでも落として、万が一、猫が触れたり舐めたりでもしたら・・・。

ハケでストリッパーをバァーっと塗ってしばらくすると
表面の塗料が浮いてくるので、すかさず! scraper.jpg Scraper(スクレーパー)という道具を使って剥がす。ガリゴリ・ガリゴリとこすって剥がしたモノはすぐにゴミ袋に入れ、細かいカスもすぐに掃除機で吸い取る。これを繰り返してなんとか全体の塗料やニスを剥がし落としました。
結構な重労働です。c= ('▽`;)ふぅ~

remake_sideboard_04.jpg

まだ薬品が付着しているから軽く絞ったびしゃびしゃタオルで水拭きを何度も何度もしてこの日は終了~。このくらい暗い色もいいかも?すすけたような野暮ったい(ボロい?)感じなんかも嫌いじゃないし。
ま、完全に乾くのを待って、どんな塗料を使うか考えよっと。


* * * * * * * * * *

塗料剥がしのお陰で夜には肩が、首が、背中が、
もぉ~これでもか!ってぐらいコリコリに。(+ω+;)イダダダ...

なのに「痛い痛い」言いながら編み物なんてしちゃったり・・・。

grannybag_01.jpg この前の残り糸で小物を・・・。(汗)

 


休憩中。

2009.06.26 *Fri
ふぅ~ みなさま。お元気でおられますか。

ワタクシ、只今休憩中でございます。


「はぁ?なんの?」って?

ですよね~。o(*´д`*)o


ハウス・デトックスが一段落ついたもんでね、、、 (ごにょごにょ・・・)
ずっと気にはなっていたけど、思いつきともいうか、、、 (ブツブツ・・・)


えっと、

↓これは昨日載せた抹茶キャラメルの写真を縮小したものです。

remake_board.jpg


この写真は早朝撮影したものなんですがぁ~


このカップ&ソーサーをのせている所がポイントでしてね、


これをもうちょっと引いて見ると分かりやすいかな。





引いた画像がこちらです。↓はい、ドン☆


remake_sideboard_01.jpg

あぁ~ あぁ~ あぁ~、なんか

おっぱじめちゃっていますでしょ。(;≧▽≦;)


リビングにブルーシートならぬ、ブルーシーツを敷きまして、家具のリメイクを突如スタート。彼からも唐突すぎるその行動を呆れられながらもめげずに一人でちまちまと進めております。ちなみに右側に見えている黒いチューブみたいのはノズルを外した掃除機のホース。室内作業ということと、Chas(猫)も居るんで散らかしておけない。ちょっと削っては掃除機。磨いては掃除。そんなんで進みがとっても遅いなり・・・。(涙)ホントは豪快にサンダーかけたりしたいんだけどなー。

BGMは追悼の意を込めまして、マイケル・ジャクソンのアルバム。
(今朝、マイケルの死亡ニュースを見ました。(;ω;*)ビックリしたよ~。)

どうなるか分からないけどまた経過を報告しまーす。

あ!
これが終わるまで我が家に来訪希望のお友達。
きっぱりお断りしますっ。(爆) 
リビングがドえらい事になってますんで・・・。(;´▽`A


よーし。休憩お終ーい。また戻りまーす。
それでは皆さま、ごきげんよう。

抹茶・生キャラメル

2009.06.25 *Thu
(本日も2回投稿しまーす。)


またしても生キャラメルなのね~ん。
いわゆる「マイブーム」なのね~ん。

今度はお抹茶味の生キャラメルですよー。

caramel_05.jpg

夜のうちに作っておいたこのキャラメルを、朝一のコーヒーと一緒に頂いたら意外にいけた。そういえば、「みたらし団子と珈琲」とか、「草餅まんじゅうと珈琲」とか、和の甘みとブラックコーヒーってすごく合うんですよね。朝に糖分を摂るのは脳の働きを助けて良いみたいだし、生キャラメルは「おめざ」に最適かも?

関係ないけど、漢字の「珈琲」ってカックイイ。ロゴがw

caramel_06.jpg

つくり方は基本的には前に紹介したベーシック生キャラメル豆乳キャラメルに『抹茶(粉)』を入れただけ。でもその他の分量が少しだけ変わります。

私のレシピではハチミツじゃなくて“メープルシロップ”を使うのが特徴でしょ。でも、メープルシロップって結構香りが強くて抹茶の風味を損なってしまうのですよ。だからシロップ量を減らした方が抹茶の香り豊かな美味しいキャラメルが出来上がる・・・と思います。通常の分量のままだと「ただ緑色のキャラメル」になっちゃうから。シロップを減らした分、減った甘みはお砂糖で補充(&調整)しましょ♪


<牛乳ベースの場合>

*牛乳・・・100cc
*生クリーム・・・100cc
*メープルシロップ・・・18g
*砂糖・・・20g
*抹茶・・・小さじ1強



<豆乳ベースの場合>

*豆乳・・・100cc
*生クリーム・・・120cc
*メープルシロップ・・・18g
*砂糖・・・20g
*抹茶・・・小さじ1強


抹茶・・・小さじ1強と書いたけど、小さじ1ではちょっと足りなくて、小さじ2ではやや多い気がしたので気持ち多めの小さじ1にして下さい。
っていうか、「小さじ山盛り1」って言えばよかったかな。
び、微妙なレシピですみません。(;;'-') 

抹茶は、ある程度ミルクで溶かしてからお鍋を火をかけるとダマになりにくいです。万が一溶けずにダマになってしまったら、キャラメルのとろみが出てくる前に茶漉しや目の細かいザルなどを使って漉しちゃえば大丈夫!
| 食* |

散策

2009.06.25 *Thu
皆しゃま。先日は私たちの結婚記念日へたくさんお祝いのコメントやメールなどなど頂いちゃって、嬉しーぃ!!ありがとーぉ!!5年でも10年でもなく、中途半端な7周年でしたがね、(≧▽≦;)UPしてみてよかったです。えへえへ

子供の頃の写真なら分からんだろう・・・と、このBlogでは初のモザイク無しで公開した私の写真。ところが今の私を知る友人一同から一斉に、

『まんまじゃん・・・。』とツッこまれました。(;´Д`;)ヌーン

「最近の写真かと思った。」と のたまうヤツまでおったぞよ。
そうなんだ・・・私、全然成長でけてないんだ・・・そっかそっか・・・。(没)

ま、ま、ま、ここで落ち込んでいてもしょうがないんでね(全然落ち込む事でもないしね。笑)気持ちをズバー!っと切り替えまして、最近すっかりメタボくんな彼と散策に行ってまいりましたのでその報告。

onehunga_walkway_01.jpg

メタボになった本人は、去年11月に煙草を止めたせいにしているけど本当のところは「違う」と元インストラクター(=わたし)は踏んでおります。
(でも、「禁煙」は高く、高ぁ~~く評価しているんですよ!)なんにしても仕事が忙し過ぎる事と運動不足なのに食欲は倍増している事が原因でしょうな~。

仕事に関しては私が口出しする事ではないし、彼自身がそもそも仕事大好き!の仕事人間なんで(←仕事の話をツマミにお酒を飲んだりするのも好きな人。つまり変人。)本人が好きでそうしているみたいだからいいんだけど、そんだけの仕事量では運動する時間と体力を捻出するのは大変。そこが一番イカンのです。

毎日ヘトヘトになるまで働いているのでお休みの日なんて気絶でもしているかのように寝ているか、起きてはいてもお家でごろごろ。それでも夏の間は週一回のソフトボールの練習があったし、ジョギングもしていたから体がほぐれる瞬間があったけど、冬になってからは練習も雨天中止になったり大会もしばらく無いからモチベーションが上がらず走る機会も無し。
今はそんなんでコチコチ・ぼてぼて・ぶよぶよマン。
・・・って形容してみたらキモイなー。(≧▽≦;)ォェェw

onehunga_walkway_02.jpg

ここは初めて歩いてみたけど、入り江に沿ってきれいに整備されて高速道路の下を歩いたり、なかなか面白いコースでした。近くにこんなちゃんとしたウォーキングコースがある事がわかったのでこれからはお休みの日に晴れたら少しでも歩いて欲しいものです。ソフトボールやテニスは無理でもウォーキング程度なら私も付き合えるからさ。

onehunga_walkway_03.jpg

この橋は空港へ向かう高速道路。この高速の真下をこんなふうに歩けるなんて全然知らなかった~。上は高速道路、下は海。そこそこの高さがあって、橋も古くて、治安もあまり良いエリアではないから落書きもこんなに沢山で雰囲気的にちょっと怖いけどネ。('m';)えっと、一人で歩くのはやめときましょうね。w
| 外* |

7周年。

2009.06.24 *Wed
(本日2回目でーす。)

母の誕生日の翌日は私たちの結婚“式”記念日でした。

日本の戸籍上、ふたりが夫婦になったのは挙式半年前の12月。
NZで結婚式を挙げ、司祭さんの元でサイン(結婚登録)したのが6月。
だから、今まではどちらを結婚記念日にしたものか迷っていたけど、
これからは日本では12月、NZでは6月ということにします。

・・・な~んて決めたって特別な事はなんにも無いんだけどさ。('ー';)

記念日事全般に疎い夫婦なもんで、忘れた年もあったし、2年目以降は何周年なのかパっとは出てこないんです。f(^ー^;あい、すみません。(笑)
彼と出逢った歳はかろうじて覚えているけど、長~く付き合った末の結婚だったせいか?結婚しても劇的な生活の変化が無かったせいなのか?「結婚した歳」ってのが覚えられない。25歳とか30歳とか、覚えやすい歳にすればよかった・・・。

逆算した結果、今年は7周年でした。7年付き合って、結婚して、7年。
やっと彼氏・彼女の期間と同じ年数になりました。
これからは夫婦歴の方が長くなるんだな~。ちょっと変なかんじ。


今年は前夜にギリギリ思い出して(=なんとかセーフw)慌ててプレゼントを買いにいきました。(/▽\;)ムードもなにもあったもんじゃありませんが、7年間無職の私を養って下さっているのでね、感謝の気持ちを込めまして、

NZの高級ワインをドドーンとッ!!

atarangi_2.jpg

こちら、ニュージーランドが誇る

ATA RANGI  Pinot Noir 2006 Martinborough

ATA RANGI(アタ・ランギ)はマオリ語で「夜明けの空・新しい始まり」という意味で、消費者や評論家だけでなく醸造家からも敬愛されている「南半球のロマネコンティ」とも称されるワイン。自分が飲みもしないのに本物のロマネをプレゼントするのは無理なんで、これで。(笑)

つい最近【赤ワイン愛飲家】となった彼にはちと贅沢なぐらいです。

atarangi_1.jpg

記念日の夜は「とりあえず外食にしよー。」(安易)と思って向かった先は焼肉屋。(爆)お友達3人も誘って、5人でジュージュー。ロマンチックではないけど、美味しく楽しければそれだけでメデタイんです。アハハ

日本語のWikipediaを見ると7周年は銅婚式にあたるらしいけど、英語のWikipediaでは銅と、Wool婚式でもあるみたい。お!これなら彼の会社の傘下にはウール専門店があるからおねだりしたら何かプレゼントしてもらえるかも~。(*゚ー゚*)


おまけでね、今日は思い切ってモザイクやぼかし無しで
私のウエディング・ドレス姿を公開します!
| 雑記* |

父の日と母の誕生日

2009.06.24 *Wed
先日の日曜日は父の日でしたよね。(NZの父の日は9月ですが・・・)
同じ日、実母の誕生日でもありました。

「今年は誕生日と父の日が重なったね。まとめておめでとう。これからも2人仲良くおてて繋いでデートしたり旅行に行ったり楽しんで下さい。龍によろしくね。」(龍は実家で飼っているワンコです。)
とメールしたところ「了解!」となんともアッサリとした、そしてなんとも母らしいメッセージが返ってきました。(笑)

そのアッサリ返信に添付されていた下の画像は母が描いた自画像。

portrait.jpg あんまり上手じゃないけど
 この程度のデッサンなら
 シュシュシュっと描ける母。
 意外に似ています。アハハ

 親戚や母の友人談によると
 丸の内OLだった頃は若く美しく
 ミスコンに選ばれた事も
 あったらしいけど・・・
 今ではすっかり武勇伝。
 面影・全然・無ッ!!(爆)

自覚は無いけど、どうやら私はこの人にそっくりなんだそうで、「私も将来こうなるのかー。なるんだろうなー。こうなっちゃうのかー。(´▽`;)」と覚悟がつかない思いで見た絵です。くぅ・・・w

私の両親は凸凹コンビというか、静と動というか、行動範囲も趣味も全く違うのにどうしてか子供の私から見ても結構仲良し。今までこの2人の「夫婦喧嘩」を一度も見たことがありません。多趣味で好奇心旺盛な母がガチャガチャ騒いでいる横で寡黙で勉強家で柔道家の父がどっしり構えてバランスを取っているんだろうなぁ。

いつまでも2人仲良く元気でいて欲しい。
幼い時から病弱で我まま放題で問題児でたっくさん迷惑をかけたので、謝罪の気持ちも込めて親孝行をしたいという気持ちは常にあるものの、これが素直に表現できずに自己嫌悪。孝行をしたい時分に親はなし・・・なんて事にならないようにしなければ!と毎回帰国の度に思うのだけど、全然実現できていません。

これ、わたしの最大の課題。




この課題、いつかクリアできるのかな・・・。('~`;)

赤ちゃん寝袋

2009.06.22 *Mon
(本日2本目の投稿で~す。)


雨の日にチクチク編んでいたあの迷彩柄。完成~♪

これは珍しく彼からのリクエストでした。
最近赤ちゃんが誕生した職場の方へブランケットみたいのをプレゼントしたいという事だったので一緒に毛糸を見に行って、あとは私にデザイン等は任せてくれるということだったので楽しみながら編み編み編み。1週間楽しかった~♪

sleepingbag_01.jpg

赤ちゃんグッズにしてはすごく地味で渋めの色合いです。
子供関連のお店へ行く機会が最近特に多くてついでに色々と見ているんだけど、赤ちゃんモノってパステル系や賑やかな色合いのモノばかりでこういうダーク系&クール系のモノって殆ど見ないんですよね。黒いおくるみとか見たことがない・・・。
原色の方が脳を刺激するとかなんとかあるのかもしれないけど、全部がそうじゃなくてもいいよねぇ~?そう思って、プレゼントする赤ちゃんが男の子ということもあったのでわざと地味な糸を選んで、凝った編み方もせず、直線的でシンプルなデザインのものが作りたかったの。
sleepingbag_03.jpg

これは完成形。
大きくなったらひざ掛けにも使ってもらえるように結構大判です。

でも、プレゼントするのにただ四角いブランケット一枚だけではつまらないから、長方形2枚を編んで、L字型にはぎ合わせて、「寝袋」みたいにしました。

sleepingbag_04.jpg

下になる方の黒い編地は少しでもクッション性が高まるように糸を太くして編み目がモコモコになるように。足元が袋状になっているから多少動いても剥ぎにくいし、万が一 くつ下が脱げちゃっても外に落っこちないようになればいいと思って。

sleepingbag_02.jpg

さて、彼は今日このBaby寝袋(≒ブランケット)を職場へ持って行きましたよ。
今夜奥さん(ママ)の手に渡るのかな。気に入ってくれるといいなぁ。
結局は赤ちゃんよりも親御さんが気に入ってくれないと使ってもらえないよね。(笑)


Admin



Calendar

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。