This Archive : 2008年08月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球

2008.08.31 *Sun
NZへ戻ってからずっとかかりっきりの「住処の回復」
すなわち、「掃除・洗濯・片付け・ゴミ出し」なのですが
今日やっと、2部屋終えました。あと半分!!

庭に着手するまで、まだ時間がかかりそう。
お天気次第のところも多少あるけど、自分であと一週間!とリミットを決め、
元の生活環境に戻れるようにがんばります。

それまでは大したネタもないと思うので
まだ触れていなかった日本での写真を「後出し日記」としてUPしていこ~っと。

て、手抜きじゃないよ?(´▽`;)

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
 
 
スポンサーサイト
| 旅* |

徐々に。

2008.08.30 *Sat
私たちがNZへ戻ってから、日本は大雨&落雷の被害がひどいようですね。
アメリカも大型サイクロンが近づきつつあるようだし・・・
皆さんの所は大丈夫ですか?被害にあわれていないことを祈ります。

雷が大嫌いな実家の愛犬・龍(Mダックス♂)も
この数日、ずぅーっとビクビクしていると実母から連絡がありました。
そんな事聞いたら今スグにでも実家へ帰って
龍をダッコしてあげたい気持ちでいっぱいです。

早くもホームシック?? いやいや、「龍シック」です。^^;;(ちょっとマジ。)

逆にNZは私たちの到着に合わせるかのように晴天。
友達曰く、それまでは「大嵐」だったそうです。
akl_airport_aug25.jpg

Auckland空港に到着した途端に雨が止み、青空さん登場。
空港から自宅まで帰るのに乗ったタクシーの運転手さんも
「久しぶりのSunshineだ~。Beautiful!ヤッホー!」っと大はしゃぎするぐらい
久々の事だったようです。

普段ならば陽射しに弱い私はあまりピーカン照り照りに晴れてもらっても困るけど
長期留守後の大掛かりな家事が待ち構えていたから
しばらく晴の日が続いてくれて作業がサクサク片付いて大助かり。

山のような洗濯物をジャンジャン洗うからガンガン乾いてくれないと!
床は勿論、窓も壁も天井までも掃除必須な状態だったから晴れてくれないと!

ようやく (家の)完全復活の日が見えてくるぐらいに回復してきました。
(でもまだ庭までは手が回らないけどね・・・。(TーT)まだまだ。)
で、家が落ち着いてきたら今度は私自身の回復に力を入れないと。

っと思っていた矢先に「曇りの日」が到来。ナイス♪

今日は 朝少し霧雨が降っていたけど厚い雲に覆われた空で
一日中強い太陽光線を浴びずにいられそうだったので久々の外出を決行!

Cityへ出て、気分転換にエステかネイルを・・・と思っていたんですが

でもサロンへ向かう前に、、、

eves_latte.jpg

まずはこれこれ♪(Glass Latteです。)
やっぱりNZのコーヒーは美味しいやぁ~。
ふぅ~ やっと帰ってきた気がしてきたゾー。ヽ(´▽`)/



* * * * * * * * * * * * * * * * * *
Blogも軽く気分転換にヘッダーの写真を差し替えました。
* * * * * * * * * * * * * * * * * *
| 雑記* |

Back to Aotearoa

2008.08.27 *Wed
えぇ~と・・・
約5ヶ月ぶりのNZからの更新でーす。
帰ってきました~。っていうか、とっくに帰ってきていました~。

いつものごとく、苦手の飛行機での長旅で、
自宅に着いた途端に二人ともパタン。倒れこみました。

4ヶ月ぶりの我が家は・・・ もねっ 「なんも言えねぇ~」(by 北島氏)なんて
流行りのフレーズを冗談で言ってる場合ではなくて、ほんとに言葉が出ない。

どこから手をつけたらいいんでしょ。

家中がホコリっぽくてゲホゲホ。カビっぽくて気持ち悪い。
クローゼットやタンスの中の洋服も全て湿っぽく感じるし・・・。
とりあえずスグにでも一眠りしたかったけど
安心して横になれるスペースは無いしさ・・・。

重い身体を引きずるようにして部屋はもちろん、
Bedの上のマットレスまで掃除機をかけ、
シーツも布団も丸洗い!天日干し!
ようやく「倒れられるスペース」を作ってからシャワーを浴びて
いざ!パタッ。(倒)

庭なんて壊滅状態。 芝ってここまで伸びるの?冬なのに?
あれ?この鉢って雑草植えていたっけ?ん?この辺りは古墳かなにか??
洗濯物を干すにもバスタオルとかちょっと長めの物は
下から生えてきている草とぶつかってかえって汚れる始末。(閉口)

しかもそのジャングルの上に五分咲き木蓮の花びらが舞い降りてきて
それはもう、見事な散らかりようでございますよ。(T▽T)アハ、アハ、アハ・・・

部屋もまだ全然片付いていないので
「庭」まで辿り着くのはまだまだ先になるでしょうなぁ~。( ;==)トオイメ
「今度のお休みに業者さん呼んで一気に刈り上げちゃおうカナ!」
と彼は申しております。それもまた手かな?
だってそのぐらい酷いんだもーん。(汗)
じゃなかったら火を放ちたいぐらいよ。( ̄。 ̄;)ボソ

あ、そうそう。
彼の方はもう仕事が始まって通常運行です。
私の方は気力・体力、ともにゼロの為 未だに近所のスーパーにも
買い物に行けない状態ですが 今日仕事帰りの友達がうちに寄ってくれて
久しぶりの彼以外の生身の人間と会話をしたせいか、
少し気分が上がってきました。(笑)

家も私も 完全復活にはまだ時間がかかりそうだけど
涼しいNZで(「寒い!」ってほどではなかった。残念!)ボチボチやっていきまーす。


あ、そうそう。
全然関係ないんだけど、一つ前の台湾での私のブッ細工写真を見て
友人複数から「髪切ったんだ??」と連絡がきました。

taiwan_19.jpg←これ見ただけでよくわかったねー。

ちなみに彼から上の状態を「大福」と命名されましたが、なにか?(メ-_-)o

そうなの。特に報告していなかったけど彼が日本に来る直前に
あまりの暑さに耐え切れなくなって30cmぐらい切っちゃった。

こんなに短く、
後ろで一つに結べないぐらい短く切ったのは8年ぶりぐらいかな。
長い方が好きなのでずぅ~と長くしていたけど
私の天敵「暑さ」には敵わなかった。 ギヴ。。。

またすぐNZは夏時間になるし、夏が来るし、いっかなって思って。
似合ってはいないけど意外に可笑しくなかったヨ。(^m^;
| 雑記* |

台湾・5 (終)

2008.08.22 *Fri
行天宮へ寄ったあと、
すぐ傍(目の前)の「占い横丁」と呼ばれる地下道へ行きました。
占いが生活に密着している台湾では
各自に信頼する占いの先生がいるほどで
手相や面相、風水、星占い等など ありとあらゆる占いが存在して
ブースや立派なお店も沢山!

だけど私の「占い横丁」の狙いは占いではなく、

挽面!(ワァンメン)  というもの。

なにかというと、「うぶ毛とり」なんです。(*゚ー゚*)
テレビで見て、本で読んで、前々からやってみたかった挽面。
地下道におりてスグに「いいから来なさい!」と手招きするおばちゃんの前に
よくお風呂に置いてあるプラスチックの小さなイスがあってそこへ座れと言うので
腰を下ろした瞬間、おばちゃんの両膝に挟まれた。(笑)

ガイドブックには挽面のあとはヘアバンドのあとが残って髪形が崩れるし、
思いっきりスッピンにもなるのでそれらを覚悟しろと書いてあったけど
私はヘアゴムのあとでさえも残りにくい髪質だし、もともとスッピン。(´m`;)

早速 お願いしまーす。

まず、何の為かわからないけど美容院でかけられるクロス?ケープ?を装着。
ウェットティッシュでお化粧やホコリ&汚れを取る為に顔をゴシゴシと拭かれ、
チョークのような謎の白い粉を顔面いっぱいに塗り塗り。

これがまた ブッサイクー!(爆)
彼が大爆笑しながら撮った私がこれ。ォィw
 ↓
taiwan_19.jpg

タコ糸の端を口にくわえて 糸のひねりでうぶ毛をからめ取る。
糸をヒュンヒュンいわせて毛抜きをするたびに 
白い粉が煙のように私の顔から立ち上がる。(笑)

チクチクっとした痛みはあるけど慣れるとそんなに気にならない。

最後に生のアロエを塗られて出来上がり。
ちょっとゼリーがついたままだけど気にしない。(≧▽≦;)

「さぁ終わった~」と立ち上がって帰ろうとした途端
彼に向かって「アンタもやってきなさい!」と超強引なおばちゃんに
嫌がる彼もアっという間にテルテル坊主姿に。(爆)
 ↓
taiwan_20.jpg

ほんとにブッサイクー!!(≧m≦)

しかも彼には涙が出るほど痛かったらしいです。
この手の痛みは女性の方が強いのかもしれませんね。
終わってから
「おばちゃんを突き飛ばしてやりたいぐらい痛かったよ。。。(;Д;)ぅぅ」と
いつまでも涙目の彼なのでした。アッハッハ (見ている方はオモロイんですがw)

その前に台湾式の「足裏マッサージ」を受けていて
これまたかなり強烈な痛みだった為、
彼の中では「台湾」といえば「激痛の国」にもなりかねない?(笑)


そして、台湾といえばバイク大国。
どの道に行ってもすごい数に驚いた~。(@▽@;)




台湾では空気が悪いのでバイクとマスクはセットだそうです。
「台湾マスク」と呼ばれる個性的なマスクは
バイクに乗っている人のほとんどが装着していました。
こんなかんじのマスクです。
10元(約350円)ぐらいから売っているのでお土産に買う人も多いんだとか。

taiwan_18.jpg

日本にいるうちに台湾旅行分だけはUPしたくて
焦ったわりには遅くて雑なレポート。('ー';)

台湾フードについては全然書けなかったな・・・。
麺類は「刀削麺」「坦仔麺」「涼麺」「麺線」などなど 
ひととおり食べてきましたよー。
トッピング盛りだくさんで有名な台湾式カキ氷もいいけど
私のヒットはどこででも売っている「愛玉」という冷たい飲み物。
台湾オリジナルのデザートで、愛玉子という植物の実から作ったゼリーを
はちみつとライム&レモンが入ったシロップをかけて食べます。
あっさりとした甘みで冷たくてすっきりおいしい!!
太いストローでズビズビっとゼリーを吸い込みながら飲むんですよん。

そして、台湾はコーヒーショップが充実!
お茶もいいけど、コーヒー党の私にはとっても嬉しい。
毎日ホテルの下のスタバに通っていました。(*´▽`*)

台湾は確かに暑かったけど「アーケード」や「地下街」「地下鉄」などなど
暑さからのエスケープ手段が沢山あったので救われたー。
また、心配していたフライト病も2時間半ぐらいの短時間なのも手伝って
ムクミと軽い頭痛で済みました。
ムクミの方は台湾マッサージで一発で解消!助かった~
(タイも古式マッサージで一発解消の為、ショートトリップでも満喫できるんだな♪)

それにしても3、4時間のフライトで済むってなんてラクなんでしょう。
映画一本観たら到着。 いいなぁ~。
NZなんて3本観てもまだ空の上。(´▽`;)はぁ・・ 遠い・・・

てなわけで、NZに帰りま~す。
次回はAKLの自宅から。(´▽`)ノ byebye !
| 旅* |

台湾・4

2008.08.20 *Wed
パート4は 『廟』 の写真を。(*^-^*)

漢字ばかりに囲まれているとはいえ、タイや韓国(語)のように
まったく読めないわけではなくて見慣れた文字の形であることと
看板や食品などは日本語表記も多く、
カタコトでも日本語が使える人が多いことで
あまり「外国に居る!」という気がしないけど
「夜市」と個性的な「寺廟」を訪れると
「わたし、台湾に居るぅー!」と実感できました。



【行天宮】 シンティエンコン
taiwan_12.jpg

台湾語では「恩主公 (ウンズーコン)」と呼ばれている
とても有名な廟。三国志の武将・関羽を祀っていて、
武将ですから「武勇の神」なのですが関羽は最初にソロバンを用いたことから
「商売の神様」にもなっていて参拝客いぃーっぱい!

この門の内側は「今日はお祭りかなにか?」と思うほど
人々であふれかえっていました。

taiwan_13.jpg

見事な廟建築。
ここには日本語ボランティアもいましたよ~。


【天后宮】 ティエンホウコン
taiwan_14.jpg
あの、旦那さま・・・邪魔です。
無意識なのか?ワザとなのか?
カメラを構えるとスっと前に入り込んでくることが多いんだよ、君は。('ー';)

西門町の繁華街の中にヒョッコリとあって わりと小さな廟なんですが
敷地内には日本統治時代のお地蔵様や弘法大師像が保存されていました。
taiwan_15.jpg
↑お顔の表情は撮れませんでしたが弘法大師像です。


【龍山寺】 ロンサンスー

台北を代表する古刹(こさつ)です。台北市内では一番古いお寺。
屋根や柱に施された細やかな彫刻や極彩色の廟建築が圧巻!

taiwan_16.jpg
龍山寺のある万華区は東京でいうと浅草のような下町情緒のある区域。
レトロな雰囲気がホっとする。(´▽`)はぁ~

taiwan_17.jpg

境内で長いお線香5本をもらって、見よう見まねで私たちも拝拝(神への祈り)体験。

本堂前にある香炉にもらった線香3本を立てて自分の名を念じてご挨拶。
そして本堂正面・正面右・正面左の順(必ず右から)
一本ずつ線香を立てて拝拝。

龍山寺は1738年に建てられた台北最古の寺院で
ありとあらゆる神様が全員集合!てなカンジで
どんな願いや悩みも聞いてくれるとあって
毎日いつでも参拝客で賑わっている廟でした。

また、この辺りはピンクぅ~なネオン街や、食だけではなくて下着系の夜市や
漢方専門、衣服専門、足裏マッサージなどなどの個性的な「夜市」が点在していて
夜遅くまで活気で溢れていて楽しいんだ~。
私はこのエリアでほとんどのお土産を購入しましたよ。(*^-^*)v 
 
| 旅* |

台湾・3

2008.08.20 *Wed
遅めの朝ごはん兼、早めのお昼ご飯を食べに
11時前ぐらいにホテルを出たのですが「夜の国・台湾」は
私たちが求める屋台風の小汚いお店がまだOpenしていない。おりょー。

こういうアジアの町へ来て
和食や洋食の小奇麗なレストランに入る気にはなれず、
だったらべつに食べなくてもいいや。Openするまでどっか行こぉ~っと、
地図を見ながら徒歩で行ける大きな公園を目指して散策開始!!

外は確かに朝から暑いけど、
台北の商店街はどこへ行ってもアーケードというか、
軒下がどこまでも続いているのでかなりの広範囲を
日傘などをささなくても日陰を歩いて移動することができるんです。
しかもお店のドアが開けっぱなしの事が多いので
店内からキンキンに冷えた冷気が漂ってきて涼しい。(´▽`)はぁ~

道路側からやってくる熱帯のぼわ~んとした熱気と、
反対側(店内)から流れてくる冷気とがいい具合に交ざっている空間を
10分ほど歩いて到着したのは、、、、、

taiwan_09.jpg

牛ぃー!

じゃなくて、二二八和平公園内にある「国立台湾博物館」です。

この大型博物館は(ガイドブックによると)台湾で最も長い歴史があるものだそうで
ギリシャ様式の壮麗な建築物でした。
私たち?入っていませ~ん。(^ー^;)

二二八和平公園は 
カタカナで書くと、「アーアーパーフーピンコンユエン」
一生覚えられそうにありません。(´▽`;) 
「ニーニーハチ・ワヘイ・コウエン」だと一発で頭に入るのにねw

ここは台北市が誇る都会のオアシス。
ビルの谷間に大きな緑地がドーンと広がっています。

taiwan_10.jpg

敷地内には上の博物館だけでなく、
こんなアジアンな建造物や音楽堂、記念館などなど
普通の観光客ならここだけで見所満載のはずの広い公園なのに、

なのに、

彼はそれらには興味ゼロ。
せめて写真を撮ろうとカメラを構える私を置き去りにして、
立派な建造物はツタツタと素通りして、結局行き着いた先は
公園の端っこの端っこにひっそりと立つこんな鳥居。もう夢中ぅ~。
taiwan_11.jpg
あまりに「ひっそり」とし過ぎていてこの鳥居を見つける方が大変でした。

特別解説などの掲示がないこの鳥居は、
日本統治時代の第7代台湾総督・明石元二郎の墓地にあったものをここへ移設。
そして隣は乃木希典の母堂墓鳥居。

彼:「すげぇ~」  

・・・って、なにがですか?(´▽`;)←歴史チンプンなやつ。えへw

昔ここが日本だったのがスゴイのか?
この鳥居が保存されているのがスゴイのか?

ともかく、彼的には「熱チィ~」(場所)らしいです。(笑)
| 旅* |

台湾・2

2008.08.19 *Tue
街角ショット。

taiwan_04.jpg


taiwan_05.jpg



taiwan_06.jpg

| 旅* |

台湾・1

2008.08.19 *Tue
彼が日本に到着してから慌しくて時間が経つのが早い早い。
あっという間に18日ぶりの更新。(´▽`;)あぅ・・・

ゆっくりのんびりだと思っていた日本滞在ももうお終い。
この数ヶ月は仕事に遊びに忙しくて
結局行きたいと思っていた所の半分も行けず、
やりたいと思っていた事の1/4を消化するのがやっとでした。
彼が来てからは更に慌しさに拍車がかかって
2人とも睡眠時間も削る程の忙しさに・・・・・

時間もお金も飛んで消えてゆくぅ~~。(≧▽≦;)ウヒィー

よしッ!!!
後出し日記になっちゃうけど少しでも時間があるうちにUPしておきます!
もう2週間も前の話しになっちゃうけど(ワッ!本当に早いなぁ~。2週間?!)
まずは台湾旅行から。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


というわけで【台湾】その壱。
正確には台北(タイペイ)にしか行っていないので
「台湾旅行!」と胸張って言えるほどのものではないのですけどねー。


台北は都会!!

もしも日本からではなくてNZLから直接行っていたら「おのぼりさん」丸出しで
高層ビルを口を開けて見上げたり人々の活気でのぼせていたことでしょう。
(´▽`;)マジで、です。

初日から夜の人の多さにビックリ☆
NZだったら「何のお祭り??」と思うほどの人出が毎日。
『ウジャウジャ』という言葉がピッタリの日常風景。
なのに午前中は「あの人たちはどこに消えたの??」と
不思議なほど静か~。暑いから?

台湾は夜から! はい、もうインプットしました。タイと同じだわぁ♪


ホテルのお部屋からの風景です。台北駅。
↓ 
taiwan_01.jpg
台北駅の目の前のホテルに宿泊しました。 
というわけでこの巨大な建物は駅舎。
この写真は午前10時過ぎに撮ったものなんですが、ね?人が居ないでしょ?
日が暮れてくると人の頭で地面が見えないぐらいなんだけどなー。

台北は地下街がすっごく!すっごく!充実している町でした。楽スィ~♪
この駅下も地下2階の4、5kmも続く広大な地下街があるのですよぉ~。
ボ~としていると迷子になっちゃう。(@ー@;)

地下街は雨が降っても大丈夫だし
クーラーも(寒いぐらいに)効いているので快適。
大概の物は駅前ならぬ駅下で手に入るから
わざわざ遠くまで行かなくても事足ります。
天候・気温に左右されず治安も良いのでオススメ!!

taiwan_02.jpg
宿泊ホテルの前の道。
夕暮れ時。このぐらいの時間になると人がワラワラっと増え始めます。


↓(おまけ)↓
 
| 旅* |

脚はストライキするんです。

2008.08.01 *Fri
突然ですが、
私の足は6時間以上の手術を施されたサイボーグのような足です。
(あ、とは言え 見た目は普通の人間の足だよ?笑)

中学生だったある日の朝、目が覚めたら足が動かなくなっていました。

うっっ あれ?? なに??

焦って顔をおこして下半身を見ると布団の膨らみが見えるので
足はついている。 それなのに腰から下に力が全然入らない。

助けを呼ぼうと「おかぁさ~ん!」と叫んでみても
お腹に力が入らないので大きな声も出せず気づいてもらえない。

そうだ!と思って頭上の棚の上にあった電話に必死に手を伸ばして子機を取り、
内線で階下に居る母へ電話。まだ母がその電話に出る前から
「足が動かないぃぃぃ。Bedから出られないぃぃぃ。」と泣き声でリピート。

その時点では痛みの類は無かったのですが、麻痺しているわけではなくて
母が足を触れば「触っている。握っている。」という普通の感覚がありました。
だけど頭で「指を曲げろ!」とか「動け!」とか命令しても脚が完全無視。
痛みは無いのに動かし方、力の入れ方を忘れちゃったみたいで
腰から下がやたら重たく、脚がダラ~ンとぶら下がっているかんじでした。

そのまま入院→手術で1年間は車いす生活。
松葉杖も外れて小走りができるようになったのは
あの朝の脚のストライキから丸2年後の事でした。

特殊な手術だった為、
転院してリハビリ期間中も執刀医の教授が私の足をモニタリング。
完治してからも定期的にアンケートに答えたり検診に行ったりしています。

クラスの担任の先生がお見舞いの時に夏休みの宿題を
わざわざ病室まで持ってきてくれたのを憶えているので
手術をしたのは夏だったんですね。
だから夏になると「その後どうですか?」と病院から連絡が来ます。

今年も来ました~。

ope_20_years.jpg

って、ワオ!!あれから20年になるのかぁ~~~っ!
20年経ってもリハビリのツラさは鮮明に覚えているものですね・・・。^^;


今日の夕方に到着する便で彼がNZから日本へ来るんですが・・・。
本当は彼が来る前に病院に行ってメンテナンスしなくちゃっと思っていたのに
忙し過ぎて行けなかったよぉ~。(´Д`;) 
やっぱり平日はムリだったよぉ~。先生、ごめんよぉ~。
 
| about me* |

Admin



Calendar

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。