This Archive : 2008年03月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨桜。

2008.03.31 *Mon
sakula_02.jpg

うちに何本かある桜のうち、やっと一本が満開になりました。
例年、なぜかうちの桜は周りの桜よりも開花時期が遅いです。
それでも今年は3月下旬にこの一本(染井吉野)は満開。
去年よりも1週間ぐらい早いかな?
開花が年々早まって、入学シーズンの風物詩だった桜が
だんだん卒業シーズンの風物詩になりつつありますね。
あ、でも、もしも桜の時期が3月になったら
先輩から「新入りの最初の仕事!」とか言われて夜中や朝早くから
花見宴会の場所取りとかはしなくて済むようになるかも?(笑)


関東地方は昨日の夕方から雨がしっとりと降り続きました。
今日の夕方からは晴れ間も見えましたが気温は低く、
まさに『花冷え』

だけど雨と寒いのが好きな私はご機嫌♪
これからは「A Beautiful Rainy Day」らしくの
大好きな雨が降ったら更新しようかな? なんて。(笑)

sakula_03.jpg

昨日の夕暮れ時、霧雨の中撮った庭の桜。淡いブルー×ピンクでキレイでした。


実家の隣りは球場なんですが
この時期は毎晩ベランダから夜桜が楽しめるんです。
そして実家は桜並木の途中にある家なので
グランドの桜が散る頃、前の通りの桜が咲き、
街路樹の桜が散る頃、うちの桜が咲き、
玄関前にある遅咲きの八重桜が咲いて葉桜になるまで
一ヶ月間 桜のリレーが楽しめます。

sakula_04.jpg

桜って人を引き寄せる力がありますよね。
もぅ 魅了されまくりです。


明日から4月。
我が家の桜はきっと来週以降が「見頃」なんですが
私は明日から義母とともにNew Zealand(ニュージーランド)の南島にある
Christchurch(クライスト・チャーチ)という町へ旅行に・・・。
この家に戻ってくるのは4月下旬。
『桜花爛漫(おうからんまん)@うち』の時期は
残念ながら見逃しちゃいますねー。(;▽;)

余談ですが、Christchurchは札幌市とほぼ同じ緯度。
南半球なので季節は逆。・・・てことは「10月上旬の札幌」ってだいぶ寒い?
自宅のあるAuckland(オークランド)だったらそれほど悩むことはないけど
「春の日本」から「10月の札幌」にどんな洋服を持っていったらいいのやら。
悩む悩む

tsukushi_ajisai.jpg

今はつくしニョキニョキの春の庭。
だけど次に戻ってくる頃はこの玄関前のあじさいの葉も大きくなっているんだろうなー。

スポンサーサイト
| 庭* |

アトリエ生活。

2008.03.28 *Fri
一年ぶりに日本へ戻って 
只今 神奈川県にある実家でお世話になっております。

が!
この家は私がずっと暮らしていた家ではなく
もともと両親が趣味の為に建てた家の為に「わたしの部屋」はありません。
ついでに「わたしの物」もほぼ破棄されてありません・・・。(涙)

そんなわけでここでもお話ししたとおり
母のアトリエの1画にBedを置かせてもらいました。
そんなアトリエ暮らしももうすぐ2週間が経ちます。
これが意外に快適なの♪(^m^)

専用の電話回線もあれば、LANコードもあるのでこうしてNetにもつなげられるし、
小さいけどTVもあるし、水道もあるし、冷蔵庫もあるし。(笑)

このアトリエの持ち主の母は一番身近なグリーンサム(園芸の才能がある人)で
私の園芸好きはこの人の血だなって思います。
とっても忙しい人なので、いつ植物の世話をしているのか?と
いつもすごく不思議なのですが実家の内外、四季折々の花だらけ。
小さい畑まであるし・・・。

当然アトリエ内にもいろいろな植物がいますが
到着した日は存在にも気づかず寝てしまったけど
翌朝 目が覚めたらキュートなお花がこっちを向いていて思わず
「はじめまして。おはようございます。」と挨拶してしまったのが
↓こちらのキューティーちゃん。
masa_daisy_01.jpg

「リビングストーンデイジー」というお花らしいです。

初めて聞いて初めて見たお花だったけど、これ面白い。
お花を見るとデイジーらしいけど葉や茎は多肉植物。

masa_daisy_02.jpg


夕方になると花を閉じて、晴天の日の光を浴びるとまた開く。
曇りや雨の日は一日中閉じたまま。
見ていて飽きないな~。(’ー’*)
masa_daisy_03.jpg



昨日、東京の桜は満開!
観測史上三番目の早さだったとか?

我が家にも桜があり、アトリエの隣りの部屋からも見えるのですが
うちの子は同じ染井吉野の木でも毎年咲き遅れのどん臭桜。(笑)
今年も例年にもれず、近所の桜は満開だというのに二分咲き。
まだつぼみも小さいな~。
一番咲いている桜でも今の時点では四分咲き程度でしょうか。
sakula_01.jpg

桜は暖かいと一日でブワッ!と咲くから
もしかしたら明日にはもう満開になっていたりして。(^ー^*)


* * * * * * * * * * * * 
さてさて、今日はこれから横浜の友人宅へGo!
久しぶりのメンバなのでウッキウキ♪
では いってきまーす。(*^0^*)ノ
| 庭* |

ただいまニッポン。

2008.03.21 *Fri
ちょいと野暮用で日本へ来ています。

飛行機が大の大の大の苦手なわたし。
(具合が悪くなってしまうのです。
過去に何度か入院沙汰になったことも・・・。汗)
それをよく知る友人からは
「何も花粉と黄砂と春の嵐が吹き荒れるこの時期に帰ってこなくても。」
と呆れられましたが もう来ちゃったもーん。(何故エバる)


Aucklandを出発する数日前にNZ Herald(地元紙)で
Sleeping in Airports(英語)というサイトがあることを知りました。

土地面積・建物の規模や広さ、最新設備などの有無より何より
一番寝心地の良い空港はどこだー!という世界ランキングを
世界中のAirport Campers(空港宿泊する人たち)からのレポートを
集計して作っている無意味のような有意義なようなおもしろサイト。(笑)

審査対象になるのは、シャワー設備やトイレ、チェンジングルームの清潔さ、
空港内でいかに時間を潰せるか、携帯のリチャージができるか、
そして寝心地の良い長いすやソファはあるかないか などなど。
また、空港職員や店員の態度の良し悪しや
睡眠の邪魔になりそうな港内アナウンスが多いか少ないかなども
ポイントに関係あるみたい。

そのサイトによると、栄えある“Golden Pillow”(金のマクラ。世界第一位)
は、シンガポールのChangi(チャンギ)空港。
「ホテルに泊まるお金があるのならこの空港で2,3日過ごしたい。
この空港に泊まる為にシンガポールへ行く。」なんてレポートもあったぐらい
皆さんから大絶賛!

でね?でね?
なんとAuckland AirportもBest 10に堂々ランクイン!
へぇ~ なんて言いながら この空港は彼の職場でもあるので
興味津々でレポートを読んでしまいました。
「タイの王子が働いている」とは書かれていなくてホッ。
わかる人だけ笑って。(笑)


airport_couch.jpg
確かにこのカウチはとっても柔らかくてほど良い幅にしっかりとした作りで
うちのBedよりも寝心地が良さそうでした。


airport_sleeping.jpg
こういう人たちはどこでも同じじゃなかろうか・・・? f(^^;) ↑

あ、ちなみに最悪はフランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港とのこと。
「トイレなどは不潔で椅子は横になって寝るどころか座り心地さえも悪く
職員・係員・店員はみんな無愛想で不親切。(←爆)
空港内はどこから漂ってくるのかホームレスのようなニオイで臭くて
ともかくダメダメ。 できれば経由でも避けたい空港。」なんて
ズタボロなレポート。

余談ですが、わたし個人のお気に入り空港は
アメリカ Chicagoの O'Hare です。
単に私がChicagoびいきだからって話。(笑)
| 旅* |

かっこよければ全て良し。か?(笑)

2008.03.14 *Fri
ここ数日 旅準備に没頭の日々だったので
今日は午前中 外貨両替のついでもあって気分転換にCity散策。
City:この場合、「市」の意味じゃなくて都心や繁華街のこと。)

ひとりでウロウロ。
わたしはヒールがしっかりある靴が好き。
基本的には運動する時以外はいつもハイヒール。
ぺったんこの靴をはくと 猫背になったり
腰が落ちて姿勢が崩れるせいか逆に疲れるんです。

お婆ちゃんになってもハイヒールでいたいな。なんじゃそれ(笑)
「ハイヒールの徘徊ばあさん」も乙じゃない?

・・・・・。(シーン)


で、でね?(話し変えます)

City内に最近お気に入りのエリアがあって
用事の合間合間にそこへ行ってはコーヒー休憩をしています。

そのエリアの一角に、お友達の知り合いが
Bruschetta(ブルスケッタ)のお店をやっていて
「一度行ってみて~」と随分前から言われていたので
今日 初めて そこのお店のBruschettaを食べに行ってみました。

bruschetteria_1.jpg
こんな感じの所。 ね?なんか雰囲気いいでしょう?NZぽく無くて。(笑)
Open Airぽいけど じつはこれ、建物内なんです。雨が降っても大丈夫。
小さなお店が軒を連ねて「横丁」雰囲気が落ち着きます。



Bruschetta(ブルスケッタ)はイタリア中部の郷土料理。
ほら、よく 焼いたフランスパンの上に
トマトとかバジルやアンチョビなどをのせたのを見たことありません?
あれです。あれ。


このお店のオーナーシェフはイタリア人。(かっこいい)
散々悩んだあげく、意外にベーシックな
マッシュルームとフレッシュトマトとハーブがのったものをオーダー。

以前食べた本場のBruschettaに感動したので今回も期待。

あ、“ 本場の―” と言ってもイタリアじゃなくて鎌倉でですが。^^;
この時 イタリア人が作ったBruschettaを初めて食べたのですが
すごく美味しかったんだ~。
メインよりもこれでお腹を膨らませたいと思ったぐらい。
具材は似ていてもPizzaほど重くなくてこっちの方が好き。と思った記憶が。


おぉー きたきた♪オリーブオイルとガーリックのいい香り~♪

bruschetteria_2.jpg



でもね、
味はイマイチでした。(*▽*;)あれぇ~(笑)
あ、と言っても決してマズイわけではありません。
たぶんこれが「普通」なんだと思います。
だけど鎌倉での出会いの感動が大きすぎたせいか?
ちょっと肩透かし・・・。
 

コーヒーは美味しかったよ!(必死)
そんでオーナーさんはかっこよかったよ!(意味不明)

あんな素敵な笑顔で「CIAO A PRESTO」(またねー)なんて言われたら
またすぐ行っちゃうよ?(笑) ねぇ?>だれかー。(゜▽゜;)


* * * * * * * * * * * * * * * 
このエントリから コメント欄 Openします☆
但し、しばらくの間 承認設定にさせて頂きます。
(管理人が読んだら表示されます。)
ご了承ください。m(_ _)m
| 食* |

キュートな雑草。

2008.03.13 *Thu
私だけ今週末から3週間程 留守にするので 
(彼は仕事があるので居残り。働け働け~。(ФーФ) by鬼嫁)
その前に庭の冬支度をしなければと思い、今日は一日中 庭仕事。

以前にもお話したように虫嫌いの彼。
植物にもなーんの興味もない彼。
ということで
私以外に庭の手入れをする人はいませんのでね・・・。f(^^;)
(芝刈りだけは自分の仕事と認識しているようで、文句も言わずにやってくれますが。)



花壇の東端に堆肥作りに使うコンポスト・ボックスを置いてあるのですが
そのBOXの足元にすごく素敵な雑草(?)が生えているのを発見。

なんだろう これ。すごく可愛い。
↓ 見た事ありそうで、なさそうで・・・。
weed_01.jpg

赤い実のようだけど どうやらこの赤玉はツボミのようです。
↓お花はこんなかんじ。小さいピンクのお花。
weed_03.jpg


葉っぱはこんなかんじ。

weed_02.jpg

ちなみに左端に写っている黒い物体がCompost Box。
| 庭* |

セミはシソが好き?

2008.03.12 *Wed
一つ前のエントリに、植物と心が通いやすくて
なんとなくうちに来るとよく育つ子が多い
と書きましたが
そんな園芸の才能がある人のことを
英語で“ Green Thumb ”(グリーン・サム)と言います。
直訳すると「緑の親指」

わたしの数少ない特技の一つが園芸なんですが
じつはこれにはちょっとした「コツ」があるんですよー。(´▽`)(←Green Thumb)


ポイントは、植物との適度な距離。


存在を無視するかのごとく 放置し続けたり忘れたり
反対に過保護なほどに毎日毎日ジャンジャンとお水をあげたり
剪定したり掘ったり植えたり肥料を与えたりし過ぎるでもなく、
数日おきに顔色(葉色)を見たり声をかける程度でも充分じゃないかと。

人間と同じで無視され続けるのも、手をかけられすぎるのも
植物にとっては迷惑で、同じ結果になることが多いです。

もう一つ、「私ってGardener向きだな~。」と思うことに
虫が怖くない。嫌いじゃない。というのもあります。

園芸は、害虫だろうが益虫だろうが
虫が苦手な人にとっては酷な作業ですよね。絶対に居ますから。

私はゴキブリを見て、さすがに「好き」とか「かわいい」とは思いませんが
別に大丈夫。ギャー!って叫ぶことも逃げることもせず冷静に駆除できます。
反対に彼の方は虫が大の苦手。
小指の爪ほどしかない小~さなクモ一匹にもビックビクです。(笑)
だからうちではいつも虫の駆除は女の仕事。妻の役目。

私が庭で虫たちを手に乗せて遊んでいるのを
いつも遠ぉ~くからいやぁ~な顔をして見ている彼なのです。(* ̄m ̄*)

たとえそれが虫の抜け殻や死骸であっても
「キモーッ!」と言って逃げる彼の様子が面白くて
ついつい見せに行ってしまうのですが
たまに「ばい菌や毒をもってるかもしれないでしょ!放しなさい!」
と叱られます・・・。そんな必死な形相で怒らなくても。(笑)

今日も、彼が気持ち悪がるのを期待して
セミの抜け殻を採取。 (ФーФ)v

というのもですね?
すごいんですよー!セミの抜け殻だらけの庭!
一つ前のエントリの青紫蘇が大人気。驚愕です。
葉っぱを収穫しに行くと必ずと言っていい程くっ付いている。

semi_1.jpg

なんでも大きいニュージーランド!

・・・なんですが、なぜかセミは日本に比べるとすごく小さい。
体長1.5cmほどかしら。日本サイズの半分以下。
だけどミーンミーンとかジィーーーッなんて音は同じぐらい騒々しいです。

semi_2.jpg

背中がバックリ開いています。
「ここから出ました~。ヽ(´▽`)/」ってかんじ。(笑)


1度でこんなに採種できるんです。
一夏じゃなくて一日ですよ。
全てシソにくっ付いていたセミ(の抜け殻)です。

semi_3.jpg
嫌いな方もいらっしゃると思うので写真サイズを小さく。
ん?これでも十分 気持ち悪いって?(笑)




セミってシソが好きなのか??
・・・と一瞬 思いましたが、違うね。(笑)
私が6年も7年も(もっと?)前からこの場所で眠っていたセミさん達の上に
図々しくシソを植えてしまったんだね。
だけどこんなに眠っているとは思わなかっただもーん。
どうも失礼しました~。(^m^;) 
 

+++++ おまけ +++++

セミ以外にも小さな虫いた!

それはカマキリ!

カマを振りかざされても小さ過ぎて全然怖くない。ぷ
いつも「手乗りちびカマ」 ↓この子はこれでも中サイズ。むしろ大きい方かな。
chibi_kama.jpg
| 庭* |

緑色のお宝。

2008.03.08 *Sat
昔から植物・・・特に『ハーブ』が好き。
ハーブを育てるのも、食べるのも、見るのも、好き。
薬用にもなるし、香りもいいしね。d('ー'*)
あのこじんまりとした草花の地味加減も好みの一つ。

どうも植物とは心が通いやすいというか?
うぬぼれかもしれないけどうちに来るとよく育つ子が多い・・・気がする。

「もうダメかもしれないけど」
そんなセリフとともに我が家にやって来たけど
その後も活き活きと長生きして 子孫繁栄している子もたくさん。
園芸店で 見るからに枯れる寸前の
いわゆる「見切り品」だった子を連れて帰って
大ぉ~きく立派に育てられる事もよくある。

他にあまり人さまに自慢できるような事や
これ!といった特技もない私だけど
これだけは「あら?わたしウマイかも?」と
ちょっと思えること、なのです。(笑)


そんな私を見て「趣味はガーデニング?園芸?」と
思われるかもしれないけど、確かに好きだけど、
『趣味』とはちょっと違う・・・というのが正直なところ。
私にとってインテリアのグリーンや庭の植物たちのケアは
日常生活の一部でごく当たり前の事なので「趣味」ではないんですよね。
レベルは違えど、「子育て」みたいなかんじかな?
好きとか嫌いとか以前に、当然のこと。毎日のこと。日常のこと。




今現在 我庭で一番盛り上がっている(?)のが



青じそ!

海外邦人にとっては大変貴重な植物。
海外在住であっても食卓の9割は和食の我が家では
幻のハーブかのような扱いでとっても大切な食材。
まさに「緑のお宝」状態なのです。(笑)


去年12月に日本へ本帰国する友人からお裾分けしてもらった時には
やっと双葉が土の上へぴょこんと顔を出した状態の
とっても小ぃ~さな小ぃ~さな姿でした。
「この草、本当にシソなの?」と疑いたくなるぐらい。
その子が2週間でもうこんな。↓本当にシソだった。('m'*)

shiso_01.jpg

この時点で、もう収穫しようと思えば出来そうなぐらいでしたが
そこをグっと我慢して、葉をそっと摘まんでは 
「シソの香り」だけを楽しむこと1週間。
もうこの鉢では限界なぐらい大きくなったので
庭の一角(マヌカの木の足元)に地植えしました。

shiso_02.jpg


地植えにすると元気倍増!
緑色にキラキラし始めました。


あっという間に縦にも横にも広がって
たった2ヶ月ほどで草丈40cmほどに生長して花もつけました。
これで種が飛んで、またシソ林に拍車がかかることでしょう♪♪
めざせ!シソ・ファーム♪(笑)

shiso_03.jpg


shiso_04.jpg

青シソの花って小さくて、白くて、美味しそうな匂いで、素敵♪

収穫後は・・・
| 庭* |

はじめまして。

2008.03.04 *Tue
雨が大好き。

晴れの日を「いい天気」というけども
じゃあ 雨は悪者?

いやいや、雨だって私にとっては「いい天気」なのです。

只今、窓の外は雨。
庭の木蓮の大きな葉っぱがゆらゆらと風に揺れながら
雨に洗われてゆく様子を眺めながらの更新です。楽しいな♪落ち着くな♪

そんな雨好きの私のBlogですから
やはり雨の日にスタートです。
| about me* |

Admin



Calendar

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。