This Category : 外*

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅前在住になりました。

2010.09.18 *Sat
今の家に引越しきて早1年半。前にもどこかで書きましたが商店街の一番端っこに住んでいます。仮にも商店街なのに、この家に入居した頃は家の目の前は草ボーボーに岩がゴロゴロと転がっているような荒地でした。

まさかそこが1年半後に『駅』になろうとは。


いつから工事を始めたのか分からないけど、気がついたら「9月19日OPEN!」という看板が立っていました。だけどのんびりNZのことだから絶対に予定通りになんて無理だろうな~と思っていたんだけど、私の予想とは逆にローカル紙は、前日の18日は駅のオープンを記念して町をあげてのフェスティバルだ~!メインストリート(ウチの前の通り)ではジャズバンドが生演奏!子供たちはポニーにも乗れるよ!スペシャルセールあり!Steam Train(蒸気機関車)も来るよ!と大盛り上がり。

え~。そう簡単にいくのかなぁ。('ー';)絶対怪しいよ...

1ヶ月ほど前から試運転をしている気配があったから順調なのかと思いきや、案の定トラブル発生。しかもなんともマヌケな、誰もが予想だにしなかった致命的な問題。

ナントナント、作ったはいいけど

プラットホームが8m足りなかったー!(爆)

更にエクステンド(延長)するには新たに土地契約をしたり改めて工事許可を取ったりなんやかんやといろいろな手続きが必要らしく、とりあえず8m足りないまま営業開始するみたい。(汗)
なんてアホなんでしょ~。(≧m≦;)痛いゾ。キウイさんたち。ぷ

o_station1.jpg
これは半年前の様子。
問題の「8m足りないプラットホーム」も見えますね。

そして今日9月18日はプレオープン・フェスティバルの当日。

折りしも巨大ストーム 接近中。('m';)んもーダメダメなんですw
昨晩はみぞれ混じりの豪雨が強風に煽られて窓ガラスをバチバチいわせ、稲妻ビカビカでフェスティバルどころじゃないな~と思っていました。朝になっても雨が降ったり止んだり。相変わらず強風も吹き荒れていたからさすがに中止かな?と思ったら、ところがドッコイ、窓の外が人だかり。(汗)

さすがだよKiwiさんたち。(;´▽`A

o_station2.jpg

雨があがった隙に私もササっと外に出てみた。
でもこの写真を撮った5分後にまた雨が降ってきて家に逃げ帰った。^^;


o_station3.jpg

この町始まって以来の人ごみなんでは?
こんなにこのFes.を楽しみにしていた人がいようとは。(・・;)
ちなみに人々が立っている所は駐車場予定地。
本来アスファルト舗装がされているはずなんだけど・・・

やっぱり間に合わなかったんだね。(汗)

o_station4.jpg
一角はまだこんな状態。まだしばらく工事が続くね。
とりあえず車両の出入りは問題なく出来るようだから明日から営業開始です!

ちなみにココの3枚目の写真。Chasの奥、そしてゲートの奥にチラっとオレンジの重機と赤いコーンが写っているんだけど分かりますか?そこが駅の入り口。


駅のオープンに伴ってBusのルートもマイナーチェンジしてうちのゲートのまん前にバス停が出現。今までも徒歩2分の場所で近かったけど、これからは徒歩10。(笑)バス酔い常習犯のワタシとしてはバスよりも早くて安いTrain(←ディーゼル車両だから電車じゃないの。)を使って通学したいものだけど、本数は圧倒的にバスの方が多いんで悩むところ。
次のTrain待ってるうちにバスだったら到着しちゃいそうだしな・・・。

うーん。毎朝家を一歩出ては悩むことになりそうです。(;´~`A
そして完成はいつになるのでしょうね~。(笑)
スポンサーサイト
| 外* |

West Auckland -Huia- Ⅱ

2010.06.21 *Mon

昨日の続きです。



緑の壁を登りきるとこんな景色。
↓  ↓
huia_09.jpg

奥に見える海の方へ車をとめてここまでテクテクと歩いてきました。

後ろを振り返ると、

huia_10.jpg

シュゴ~~~ッ!!


huia_11.jpg

ここが今回の目的地。

『Lower Huia Dam』

ここの丸い穴にゴーゴーと流れ落ちる水を見てみたかったのです。
だから水面がこの穴の高さまで上がる冬場(=雨季)を狙って。
真上から見ると引きずり込まれそうで怖かった・・・。
カメラを持つ手にも自然と力が入ります。p( ̄ ^  ̄;)

huia_12.jpg

海・河・湖。水辺が好き。
雨同様、『水』に触れているとなんだか落ち着くんです。

huia_13.jpg

気持ちのいい風が吹いていました~。

huia_14.jpg

上から見た緑の壁。

周りにいくつかのトレッキングコースがあったんで
今度はもう少し早い時間に来て歩いてみたいなー。




【 寄 り 道 】

huia_15.jpg


帰り道の途中にあった別のダム。
Lower Nihotupu Damにも立ち寄ってみました。
一日にダム2つも見ちゃったよ。(笑)


| 外* |

West Auckland -Huia- Ⅰ

2010.06.20 *Sun

昨日のサッカー。Japan、負けちゃいましたね・・・。(*v.v)
とってもいいゲームだったけど、惜しかったからこそ悔しさが倍増。
チャンスを物に出来るor出来ないというのも実力のうちなんでしょうね。

昨日の日本戦はギューギュー詰めのスポーツ・バーで観戦してきました。
敵国サポーターと同じ画面を観て一緒に騒ぐというのもまたイイもんですよ。
盛り上がります。負けちゃったけど、楽しかったー。

Barを後にした私たちは、一緒に行った友人たちとCafeに寄って
さっきまでの試合を振り返ってあーでもないこーでもないと再びサッカー談義。
気がついたらもう真夜中で家に着いたのは午前3時半でした。(・・;)

そのあとの『カメルーン-デンマーク戦』のチェックをしてからBedに入って、
ゆっくりと起きて、遅めに始動した日曜日は先週に引き続き、
またまたWest Aucklandへ行ってきました。



huia_01.jpg

家を出るまでは青空が見えてたんだけど・・・
Waitakere City(西AKL)に入った途端にお天気が変わりました。

でも、さすがにNZ在住歴10年ともなるとですね、
「止む雨」「すぐには止まない雨」
の判断もつくようになってきますから。(´▽`)v

「これは5分で止む」と判断した私たちは迷わず目的地までGo!!


huia_02.jpg

途中、Huia Lookoutという見晴台にも寄り道。

(※写真では分かりにくいけどこの時、雨はまだ降っています。)

huia_03.jpg

結構降っていたけど、明るいからかな?全然わからないね。

huia_04.jpg

見えるかなー?中央に薄っすらと虹が写っているんだけど...。


Lookoutから更に10分ほど西へ車を走らせると
最終目的地の駐車場に到着。雨もあがりました。d(^‐^*)

huia_05.jpg

ここからは車を降りて、こんな川沿いを15分ほど歩きます。

huia_06.jpg

小さな桟橋もありました。
橋の向こうはトレッキング・コースになっているようだったけど
今回はこの橋は渡らずに通過。更に川上に進みます。

huia_07.jpg

お。見えてきました。
今回の目的地はこの緑の壁の向こう側。

(白い点々は羊たち。)

huia_08.jpg

緑の壁をテクテクとのぼります。

300mぐらいかな?直線の緩やかな上り坂。

運動不足の彼は走ってのぼっていましたよ。(笑)
なんとか一度も歩かず・止まらず 昇りきってはいたけど・・・
顔面蒼白。吐きそうになってたし。('m'*)ぷ


つづく。

| 外* |

ちょっと森へ。

2010.06.14 *Mon
とある日の午後。
彼の「歩きに行こっか?」の一言で急遽Tramping(※)へ行くことに。
※Tramping(トランピング)=Trakking(トレッキング)

外は、30分おきにコロコロと変わるこの時期特有の落ち着かないお天気。シャワーが降ったり止んだり。青空になったり曇ったりでとっても忙しい空模様。しかも彼がそう言い出したのは午後2時すぎ。この時間から行ける所となると・・・p(゜‐゜;)んー

少ない選択肢の中から久しぶりにArataki Nature Trailに行ってみることにしました。


arataki_01.jpg

ここを歩くのはワタシは3年振り。彼はお初。


arataki_02.jpg

この真ぁーっ直ぐに伸びた木はニュージーランド原産・スギ科の常緑針葉樹。
世界で1位2位を争うほどの巨木種で長寿の樹、
Kauri Tree(カウリの木)

この子はまだまだ細木ちゃん。

arataki_03.jpg

ずぅーーとずぅーーと昔から変わらずそこに存在している木々を見て
すごくありきたりだけど、静かに感動。('-'*)森ってカッコイイ

中でも、やっぱりKauri Treeから放たれるオーラは別格。
若木でもすごいパワー。ヒヤッとしていて妖気じみていて、
Kauriの周りでは鳥のさえずりが一つも聞こえてこないのもまた不思議。


ゆっくりと歩いても1時間ほどのコース。

グルっと回って、車の止めてあったArataki Visitor Centreへ戻ったら
丁度 虹がお出迎えしてくれました。
arataki_04.jpg

NZでは大きな虹を頻繁に見ることができますよ!

日本では年に数回しか見られなかったから初めのうちは
いちいち「オォ~!虹だー!でっかーい!」と声に出して騒いでいたけど
最近では見慣れてきて、必ず副虹のチェックをする余裕も出てきました。(笑)

arataki_visitorcentre.jpg 
 以前はVisitor Centreの前に
 ←こんなマオリ彫刻(ポウ)が
 ドドーンと飾られていたけど
 現在は劣化したため修復中。
 
 代わりに写真が置いてあったけど...。(・・;)


 左の写真は3年前のモノ。



arataki_06.jpg

Visitor Centreにある見晴らしの良いバルコニーからの景色。
奥に見えるのがタスマン海。

バルコニーでしばらく(シャワーを)待っていると、
来た来た来た!ほらほら!すぐ目の前に!

arataki_05.jpg

鮮やかで大きな虹色の輪!!
半円じゃないよ。輪っかだよ。まん丸。

近過ぎな上に大き過ぎて全体像は撮れなかったー。

| 外* |

連休満喫

2010.06.08 *Tue
月曜日はQueen's Birthdayでお休みだったニュージーランド。
この『Queen』とは勿論、英国女王・エリザベスⅡのこと。エリザベスⅡ女王の本当のお誕生日は4月なのに何故だか毎年6月にお祝い。月曜日にしたのは意図的に3連休を作る為だとしても、NZでは『6月の第1月曜日』、お隣りのオーストラリアでは『6月の第2月曜日』となっているようで、各国バラバラにお祝いしているなんとも不思議な女王様のお誕生日。

今年はいつになく遊んだお休みだった。('-'*)

victoria_skytower.jpg

City(AKL中心地)に行くのはいつも日が傾いてから。

customs_st.jpg

みんなが家路につく頃に逆行して遊びに出かけるのが常。

customs_dfs.jpg

それでもやっぱり「朝早く夜も早い」生活の人が多いNZ。
最大都市AucklandのCBDでさえも10時ごろには人通りもまばらに。

早朝5時の方がよっぽど人も車も多いよ。(・・;)



depost_01.jpg

連休初日の夜に友人たちとMt. Eden(マウント・イーデン)にあるベルギー・バー&レストラン『De Post』にマッスル(=ムール貝)を食べに行きました。ウマウマ♪

depost_02.jpg

予約もせずに行ったのでデッキ席しか空いてなかった。
外でも暖炉やストーヴが設置されていて寒くなかったよ。生バンドが演奏中の室内よりも静かで落ち着いていてワタシ的にはこっちの席の方がよかったかな。

circuscircus.jpg

De Postの向かいはこれまた有名なカフェ『Circus Circus』(サーカス・サーカス)
ここは昼も夜もいつでも大繁盛。De Postに一緒に行った友人♂はここのキャロットケーキが大のお気に入りなんだとか。一瞬にして身長1m87cmの大男がキャロットケーキをオーダーして嬉しそうに食べている姿を想像して大爆笑。(≧▽≦)「ブキミ~」って爆笑するワタシを怪訝そうな顔をして見てたけど、不気味ですから。(きっぱり)


tend_a_foot.jpg
 連休の〆はPanmure(パンミュア)にある
 マッサージ店『足樂館 TEND-A-FOOT』
 で中国式足裏マッサ(-ジ)を堪能。

 午前0時半までOpenしてるもんで
 調子にノッテ
 連休中2回も行ってもうた。(笑)



日本と比べて祝祭日が少ないNZではこの連休が終わると次は10月25日のLabor Dayまで連休ナシ。( ̄□ ̄;)ガーン
| 外* |

Parnell Farmers' Market

2010.05.25 *Tue


ん?先週?いや、もっともっと前だ・・・。
もう3週間も前の話しになりますが、Parnell(パーネル)という
Auckland屈指のオッシャレ~♪な街で毎週開催されている
Farmers' Marketへ早起きして行ってきました。気まぐれで。

parnell_farmersmarket_1.jpg

マーケットは朝8時からスタート。
小規模ながら上質な商品がズラリと並びます。

なんですが、早く行き過ぎてお客さん疎ら(まばら)。(´▽`;)

parnell_farmersmarket_2.jpg

初めて行きましたけどね~ なんか、

売っているモノも、売っているヒトも、お客さんもペットたちまでも
なーんか違う。お洒落。Kiwi(=NZ)っぽくなーい。(笑)

彼も一緒に行った日本人のお友達も「なんか外国みた~い」とプチ興奮。
NZで日本人が「外国みたい」って言うのも変な話しですが・・・。
でも、ストリートパフォーマンスも少女がバイオリンを弾いていたり
クレープ屋のおじ様がカッコ良くハンチング帽を被っていたり、
チーズ屋さんのお姉さんがブランド品のエプロンをしていたり、
地元のスーパーでは見た事もない野菜が並んでいたり、
まぁ~ 全てがとってもオシャレな異国っぽかったのですよ。

parnell_farmersmarket_3.jpg

同じ週末に同じ街で開催されているLA CIGALE
通称「フレンチ・マーケット」はAKLではとっても有名だけど
ずっとずっと小規模なこちらのマーケットもなかなか良いカンジです。

このマーケットで買ったもの(チーズ・ブレッド・ガレット)全て美味しかったな~♪

| 外* |

ゴールドメダルの人だぁ~!(試合動画あり)

2010.05.16 *Sun
キャーー!キャーーー!

キャーーーー♪

なんでぇ~?なんでなんでぇ?(゜0゜*)?
ニュージーランドの、オークランドの、コヒマラマの、こんな小さな町にある極ごく普通の体育館での試合にこんなお方が参戦?

ishi_04.jpg

北京オリンピック・柔道男子100キロ超級で金メダルをとった石井慧さんですよッ。紛れも無く世界一の方ですよッ。リップサービス旺盛で一つ一つの発言に注目を集める事でも有名な方ですね。(笑)大阪人気質なのかな。(^m^*)

| 外* |

Round The Bays 2010

2010.03.15 *Mon


彼や友人が出場したマラソン大会の応援に行ってきました。


round_the_bays_1.jpg

応援・カメラマン・送迎運転手のいわゆる雑用係を担うわたしは、
近くの駅まで出場する彼と友人を見送ったあとにゴール地点へ先回り。

スタートまであと1時間。ゴール附近はまだ穏やかです。


round_the_bays_2.jpg

ゴール後に配給するお水のボトルが山積み。
すごい量。こんなに走る人がいるんだ~。
年々出場者が増加している大人気の大会なのです。


round_the_bays_3.jpg

マラソン大会と言っても8.4km Flat Courseの Fun Runで、
仮装をしている人もいれば、バギーを押しながらの人もいるし
本当はダメだと思うけど、ペットの犬と一緒に走ったり
ローラーブレードやキックボードの子供もいたり。
(ルール違反だ!ズルだ!と文句言う人もいません。^^)
本気モードでジリジリ&ギラギラの人もいれば
お友達とずぅーーーーとお喋りしながらただ歩くだけの人も。

参加費がそのままチャリティにもなっているから
それぞれが自分のスタイルで楽しく参加すればOKなのです。

round_the_bays_4.jpg

スタートから約50分後。
彼も(ソフトボールの)チームメイトと笑顔でゴ~ル。

5~6年前に一度出場したことがあって、
その時とタイムはさほど変わらなかったけど体の方はだいぶラクみたい。
やっぱり日頃のソフトボールの練習とジョギングの成果なのかな。
あ。煙草をやめて1年半経ったし、それも結構なアドヴァンテージかもな~。

| 外* |

Auckland Museum

2010.01.11 *Mon
また年を越してしまった話だけど...
暮れの休暇中、急な思いつきでオークランド博物館へ行きました。

akl_museum_01.jpg

その日、彼は、午後2時まで仕事が入っていたけど急いで帰ってきてもらえばなんとか3時には入館できそうだ!久しぶりだけど初めて行く場所でもないし、閉館時間までは2時間ある。じっくりとは無理でもグルっと軽くは見て周るには充分な時間かな?と思って同じく休暇中でAKLに居るであろう友人5人にも声をかけ、計7名でゾロゾロと博物館観光をしたのでした。

急な話しで、近所の博物館への誘いで、しかもクリスマス直後という誰もが慌しい時にもかかわらず、「あいヨ。」と快く集合してくれる友人たちって素敵。ありがたい。大好き。(笑)

もっとも、ミュージアムの入り口で待ち合わせをしたのだけど、友人たち全員、まさか博物館の中へ入るとは思っていなかったみたい。ドメイン(←博物館のある公園)の広い敷地内で何かピクニックなどをするのか、そこからまたどこかへ移動するものだと思っていたらしい。アハハ 
確かに、特別なイベントでも開催されていないかぎり、今更オークランド・ミュージアムにわざわざ行くとは思わないよね。(笑)


結局、じっくりと見ているつもりはなくても意外に時間をくってしまって気が付いたら閉館まで残り後40分足らず。慌てて途中の展示はすっ飛ばして最上階へ上がりました。
Auckland Museumの最上階は戦争記念館になっているんですよ。

(本物のゼロ戦機)
akl_museum_02.jpg



ここは、戦没者や戦争(軍事関連)の資料の多くを収蔵・展示されているので、日本の、靖国神社にある遊就館のような施設なんですね。

akl_museum_03.jpg

akl_museum_04.jpg 東條英機氏のパネルの前からなかなか動かない彼。




akl_museum_05.jpg
 【Auckland War Memorial Museum】
  (Tamaki Paenga Hira)


 Opening Hours:
  Monday - Sunday
  10am - 5pm

 Admission:
  Adults $10
  但し、Aucklandersは
  AKL在住者である証明があれば無料。





□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

日本は、本日は『成人の日』で祝日ですね。('ー' *)

はうっ “はたち”って・・・16年も前の事なんだなぁ。
もうすぐ私も「二度目の成人式」とかオバちゃんっぽい事を
言っちゃったりするのかな~。フフフ(爆)

16年前、私はアメリカ在住者だったから式には参加できなかったけど、
その頃の私は日本のそういった昔からの習わしや行事に全く関心がなくて
伝統やら仕来りやらは邪魔臭いとさえ思って ないがしろにしていたから
きっと日本に居ても参加しなかったんだろうな・・・。

でも、この歳になって、節目節目でそういった行事には
きちんと参加しておけばよかったと後悔するようになりました。
古臭いとか、時代遅れとか、無意味とか、
偉そうに勝手な言い訳をしていたあの頃の自分が恥ずかしいなぁ。(((;ノωノ)

 
| 外* |

Auckland Harbor Cruise

2009.11.11 *Wed
※本日2回目の投稿です。
上からの眺めが続いたので今度は海から見たAKL市街のレポート♪


akl_harbor_cruise_01.jpg

写真の船に乗ってディナー・クルージングに行ってきましたよ~。
私は乗り物酔いもするけど船は大好き。クルージングなんてすごく久しぶりで何気に嬉しかったんだけど彼の方は大の苦手。対岸に渡るだけのフェリーでも苦手意識が働いて気分悪くなるぐらい船に弱くて「今年のパーティは船をチャーターする。」と決まった時点からブルーになっていました。('m'*)クス でもねー彼の会社のパーティなんでねー彼が参加しないわけにはいきませんのでねー。
酔い止め薬を指定量以上服用して(←)渋々&嫌々乗船。ぶふっ

akl_harbor_cruise_02.jpg

午後6時に出港。

akl_harbor_cruise_03.jpg

この前行ったDevonportから定期船が出るところ。

akl_harbor_cruise_04.jpg

akl_harbor_cruise_05.jpg

食べたり飲んだりしながら外が暗くなるのを待ちまーす。BGMは生バンド。
ふかふかソファのあるラウンジや特に使うことは無かったけどミニ・キッチンやシングルベッドも2つあって普通サイズのトイレや洗面所も3箇所あってなかなか立派な船だったな~。

日がドップリ暮れてたらデッキに出て夜景を楽しむ♪

akl_harbor_cruise_06.jpg

世界の大都市の夜景に比べたらショボ~イもんだけど・・・

それでもやっぱり夜景はイイ! キレイだよ♪

akl_harbor_cruise_07.jpg


(↓風の音がちょっとウルサイですが。)

AKL Harbor Cruise



トータル4時間のクルージング。せっかく別名、「City of Sails」のオークランドに居るのだからたまにはこんなのもいいかな~。(゚ー゚*) 彼も終始テンションは低めだったけど、とりあえず最後まで酔わずに済んだみたい。ヨカッタヨカッタ(笑)
| 外* |

Admin



Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。