This Category : └随想録*

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Motivated Me.

2010.06.16 *Wed

6月。NZは雨季に入ります。
日本の梅雨と同時期。だけどこちらは冬。
主婦としては洗濯物をいかに効率よく片付けるか、
お空の神さんと毎日が勝負です。 ィェーィ。今んトコ連勝中ぅ。


「寒いし、暗いし、湿気っぽいし、日が暮れるのも早いし、
ホントこの時期はヤダな~。早く夏が戻って来ないかな~。」
周りの人は大半がそう嘆いているけど、私はほら、
Blog名にも入れるぐらい雨の日が好きで冬も大好きですから♪
『待ってましたー!』と諸手(もろて)を挙げて大喜びの季節なんですけどね。

そう言うと変人扱いされるけど・・・
とうの昔にそんなんにも慣れっこです。v(*゚ー゚*)v

あ、そうそう。余談ですけど、
私の「夏なんて大嫌い。冬の方が好き。雨も好き。」の発言の後
決まって怪訝な顔をするお日さまLoverのKiwi(NZ人)たち。
でも、最近わかったんだけど、それに続けて
「ワタシ、ビール飲まないし。」「だってビール党じゃないし。」
と付け加えると不思議と「あぁ、だからか。」「ははぁ~ん。理解した!」と
妙な納得の仕方を勝手にしてくれる。

Kiwiの妙ですな。(爆)
(≧▽≦;)ビール基準かいなw
++はい、余談終了++




前のエントリにもNZは虹が出やすいと書いたけど、
日本では年に数回しか見られなかった虹も
ここでは頻繁に、場合によっては一日に何度でも見れたりする。
雨季のこの時期はその確率も倍増。

今朝もね、洗濯物を干そうとカーテンをあけたら(虹が)居た!

bluesky_rainbow.jpg

この写真では分かりにくいけど3重になってた。
なんか元気になっちゃったな~。(*´▽`*)


寒くなるとテンションが上がる性質(たち)の私は
冬になるとじっとしていられなくなる。
次から次へとやりたい事&いきたい所が思い浮かんでくるから不思議。
これも特異体質の一種なのかな?
寒いってだけでなんでこうもMotivationが上がってくるんだろう。

それとは逆に夏の暑さはすべてのやる気を奪っていくんだけどねー。(´▽`;)

夏の間、無意識に封印していた「好奇心」が一気に膨らんでくるかんじ。
でも相変わらず一日は24時間ぽっきりでカラダは一つだけ。

笑顔で悩むな~。(笑)



まずは手始めに・・・・・イヒヒ

スポンサーサイト

家族不孝者の帰国。

2010.02.27 *Sat
― 日付は1ヶ月前の1月27日に戻ります。


仕事から帰ってみると義母から留守電メッセージが入っていたので折り返しかけてみたら、一年前から入院をしていた義祖父の訃報でした。その日の夜、彼は友人宅でのDinnerに招待されていて留守だったので一応出先に電話をしてその旨を簡単に伝え、帰宅してから改めて義母と連絡をとって祖父の最期の様子を聞いていました。

義母との電話を切ったあと、さすがにお通夜や葬儀には出席できないけど納骨式ぐらいには日本へ帰れるといいな。私は無理でも彼だけでも行けたら・・・と思っていたけど、数日後の連絡で、四十九日頃にはお彼岸に入ってしまうから、3月上旬に早めの納骨をすることになったと聞いて、結局それにも間に合わないことが分かってガッカリ。

konoe_book.jpg
写真奥は亡くなった祖父の本。今日は月命日なんでね。(*・_・)人



毎度のことながら、海外在住者特有なのかもしれないけど、こういう時は『家族不孝者』という言葉がどうしても頭をよぎってしまうんですよね。(涙)

成田―オークランド間は飛行機で「11時間」の距離。

それだけでももう充分長いけど、いざ帰国!となると、そこからまとまったお休みを取るにあたって仕事の調整をしたり、チケットの手配をしたり、ペットがいればその子の預かり先の手配もしなければならないし、諸々の準備やら手続きやらで、結局「帰国しよう。」と思ってから一ヶ月は必要になってくるわけで...。
実際は、11時間だけではなくて「1ヶ月」の距離とも云えるわけで...。

やっぱ、(´□`;)遠ぉーーーいよねぇー。

好き好んで海外で生活しておいてなんなんですけど。
自分が歳をとればその分家族も同じだけ歳をとるのは当然なわけで、30(歳)半ばを過ぎ、なんだか今の生活はすごく贅沢でワガママなものかも~と思えてくるわけなんです・・・。(苦)

まぁ、それはさて置き、お通夜にもお葬式にも納骨にさえも間に合わないダメ孫だけど、せめて3月の月命日には・・・と思い動いた結果、かろうじて私も彼も同じ時期に1ヶ月の休暇が取れたので3月下旬に日本に数週間(2,3週間程)帰る予定です。



えっと、

私に会いたい人は(←上から言ってみたヨ。笑)連絡ちょーだいネ。日本では空港で携帯電話をレンタルするつもりだけど、まだそのへんのことは未定。1ヶ月先のことだしね。

一年4ヶ月ぶりの日本。
よぉーし。こうなったらお花見を楽しんでやるぞー。












って、オイラ花粉症だったよ。(_ _ |||)がく~ん。

Warning Sign?

2009.09.13 *Sun
最近の私は編み物ばっかりしているの。

じつは編み終わったモノ全てをBlogにUPしているわけではないんだけど、5日に一つぐらいのペースで何かしらが完成している。暇さえあれば編み編み編み。いや、暇がなくても隙をみては編み編み編み・・・。棒針編み・かぎ針編み/太編み・細編み、気分によっていろいろ変えたいんで数種類を同時進行していて現在編みかけのモノが3つ。今日も1つグラニーバッグが編み終わったの。

でもこれって、この状況って、結構・・・

 危険信号  なんざんす。(T▽T*)

どーゆーことかと云いますとね、

編み物は私の癒しです。
チクチク編んでいると幸せだし、小さな編み目が沢山の集合体となって一つの形になるのは歓びだし、心がザワザワしている時でも編んでいくうちに無心になれるのも助かる。うん。

だけど、毎日毎日いつもいつも寝る間も惜しんで編み物ばっかりをしている時、またはなんでもいいから無性に編みたい!と思う時って、きまって疲れやストレスが溜まっている時なんですよん・・・。(・ω・`;)

amikake.jpg

なんか編みたい!今すぐ編みたい!とりあえず編み針を握りたい!
そんなふうに思う時は自分でも気づかぬうちに精神的にキテいる事が多くて、ヒドイ時なんてンダァーーー!っとただただ真っ直ぐ編んで、それをンダァーーー!って解いて、またンダァーーー!って編んで、また解く。そんな猟奇的な行動を繰り返している時はもぅストレスのピークです。傍から見たらとっても怪しいですよね。(´▽`;)自分でも客観視したらそんなオンナ怖いですもん。

私にとって、編み物は「癒し」であり「ストレス解消法」の一つなのは違いないけど度を越えたら危ないんだよね・・・。この危険信号を甘く見ていると、または見落とすと、どっかでドッカン!なんて事になるんでそろそろ毒出し(≒ガス抜き)しないといけないなー。

と思いながらまたチクチクチク。 (。-_-。)ゝテヘ

じつはちょこっと心当たりがあるんだけど、口内炎も出てきちゃったんでね、近々決着つけなきゃなーと思っちょります。えぇ。ふぅ~ヤレヤレですけどね。

みなさんにも私のこの「無心で編み物!」みたいな、自らが発する「危険信号」「警報」ってありますか?【傾向と対策】ではないけども、手遅れになる前に気をつけられるんで意外に便利ですよw

映画のおはなし。

2009.07.24 *Fri
film_festival.jpg

只今International Film Festival(映画祭)真っ最中のニュージーランド。
(オークランドは26日までですが・・・。) わたしも遅ればせながらアカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』を観てきました。

okuribito.jpg

さすが、話題の作品だけあって連日満席。
(AKLでは上映日が4日あって、その内の2日間のチケットはすぐに売り切れ。)
果たして外国の人たちの反応は??(*^-^*)



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

最期の旅立ちのお手伝いをする「おくりびと」とは死者を棺に納める「納棺師」のこと。遺体に触れる仕事のせいか、“汚らわしい”“死人で儲けている”などと忌み嫌われ偏見をもたれる職業にひょんな事から就くことになった主人公がさまざまな死に向き合っていく内に 生とは、死とは、迷い、戸惑い、成長していく。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―



当日はしっかりウォーター・プルーフのアイメイクにタオルハンカチを握り締めて劇場へと向かったけど、もうそんなの通り越してグシュグシュでしたー。(´▽`;)後半は鼻呼吸ができなくなって、挙句の果てには鼻のすすりすぎとヒクヒクしちゃうのを無理矢理我慢してたせいで頭が重~くなってきて劇場を出るときは軽い頭痛に襲われ妙な疲労感まであってヘロヘロ~。なにやってんだか。f(^^;)

決して辛く悲しい映画じゃなくて、周りのNZ人なんて最初のシーンから膝を叩いて笑っていたし、ユーモラスなシーンもたくさん!
ゆったりと穏やかな流れの中で人々の心のひだがとっても優しく且つユーモラスに描かれているから笑っているのに涙が溢れてきて、わたしずっと泣き笑い。
もぅ、ものすっごいブサイク顔で過ごした2時間ちょっとでした。(T▽T)

映画を観すすめていくと、納棺師の心のこもった所作に胸打たれ、その動作一つ一つがとっても美しく、心にグッとくるものがありましたよ。
本当に大切に、丁寧に丁寧に作りこまれた映画なんだな~って。


departures.jpg

英題は『Departures』
アカデミー賞受賞作品とはいえ、果たしてこういう日本独特な、同じ日本でも地域や宗派によって異なるものを外国人にも理解ができるのかな?なーんて、(私がしてもしょうがない)心配をしつつ観始めたけど、トンだ取り越し苦労でした。

劇場中のみんなが同じタイミングで泣いて、笑って、
最後のスタッフロールが流れた際には拍手が湧き起こった。

「あぁ~わかるんだ~♪」ってなんでか嬉しかったナ。(*^m^*)



ちょ、ちょっとだけ、、、
あえて、あーえーて、残念なところを述べるのならば・・・

『最後』 (;;'-')

最後だけ、なんだか慌てたような?急いで枠に収めたような?そんな駆け足な印象がありました。急に「あ、これ映画なんだ。」って我に返ったというか。



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

人は誰でもいつかは「おくりびと」となり、「おくられびと」となる。
大切な人を どう送り、そしてどう送られたいか・・・。

たまにはそんなことをじっくりと考えるのも悪くない。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―



映画はやっぱり劇場で、がいいな。('-'*)



去年『つぐない』という映画を映画館で観て、その時は上映が終わってからいろいろな想いが心に浮かんできたけど、最近その映画をDVDで再び観る機会があって、当然同じ内容に同じ音楽なのに最初に劇場で観た時のような想いは浮かばず、まるで違う映画を観たような気持ち。
不思議だな~。こんなに後味が違うものなのね。

tsugunai.jpg

こちらもアカデミー賞受賞作品。(作曲賞)
原作はイアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」(しょくざい)。
もともとは映画関連の仕事をしている友人から勧められて知った作品だけど
「嗚呼これは劇場で観てよかったなー。」と心底思いました。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

少女であるが故の潔癖さ。
少女のついた一つの嘘によって人生を狂わされる二人。
取り返しのつかない事をしたと一生背負い続けた罪の意識。

タイトルの『つぐない』は最後で納得。

おとぎ話のような美しいシーンから戦争の悲惨な映像へと移り変わる様も見事。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―


好きな人に自分の気持ちを素直に伝えて

好きな人と一緒に居られて

好きな人と共に過ごせる。

それは決して当たり前のことではなく、

じつはすごく幸せなことなんだと、、、

改めて思わされた作品です。




どちらも機会があれば是非ご覧下さい。('ー'*)

ふわふわ

2009.07.07 *Tue
ちょびっと更新に間が開いてしまったー。


6月終り頃から、『今年も残すところあと半年。』とか、『いよいよ下半期に突入!』とか、あちらこちらでそんなフレーズを拝見して、「ただ折り返しなだけなのに、なんだか大袈裟だな~。」と思っていたけど、いやいやいや!ホントに節目ってあるんだね。(´▽`;)
7月になった途端、明らかに時間や氣の流れが変わったのを感じてちょっと焦った私。それまで順調に更新していたこのBlogも、ネタは有れどお陰でピタリとストップしちゃいました。

気がつきゃ今日は『七夕さま』じゃあーないですかっ。
本日のAKLは朝から青空が広がって清々しいです。
よかったね、お空のご夫婦。(=織姫&彦星)



大したことではないんだけど、ちょっと悩み事?問題?・・・うーん、どちらも違う気がするなぁ。えっと、、、「自分の中でうまく納まりがつかない事」があって、この1週間ふわっふわっしてました。楽しい♪嬉しい♪の軽やかなふわふわとは違って、地に足が付いていない心ここに在らず・・・のふわふわっとした感覚。自分にしか判らない小さな感触。

だけど今回はこの時と違って、ふわふわの正体(犯人?)はわかっているので対処できるのさ。フッフッフッ、ふわふわ犯よ、見切ったり!!(`・ω・´)ノ 

ま、いろんな意味でタイミングが必要な事なんで、完全に解決するまではまだもうちょっと時間がかかりそうだけど、でも、時間をかければなんとかなりそうな事なんで、あとはそれまでの時間をどうやって過ごすかだ。うん。
とりあえず編み物。編み物。(笑)

さっき一つ完成したのでまた後ほどUPしま~す。(珍しく更新予告)

父の日と母の誕生日

2009.06.24 *Wed
先日の日曜日は父の日でしたよね。(NZの父の日は9月ですが・・・)
同じ日、実母の誕生日でもありました。

「今年は誕生日と父の日が重なったね。まとめておめでとう。これからも2人仲良くおてて繋いでデートしたり旅行に行ったり楽しんで下さい。龍によろしくね。」(龍は実家で飼っているワンコです。)
とメールしたところ「了解!」となんともアッサリとした、そしてなんとも母らしいメッセージが返ってきました。(笑)

そのアッサリ返信に添付されていた下の画像は母が描いた自画像。

portrait.jpg あんまり上手じゃないけど
 この程度のデッサンなら
 シュシュシュっと描ける母。
 意外に似ています。アハハ

 親戚や母の友人談によると
 丸の内OLだった頃は若く美しく
 ミスコンに選ばれた事も
 あったらしいけど・・・
 今ではすっかり武勇伝。
 面影・全然・無ッ!!(爆)

自覚は無いけど、どうやら私はこの人にそっくりなんだそうで、「私も将来こうなるのかー。なるんだろうなー。こうなっちゃうのかー。(´▽`;)」と覚悟がつかない思いで見た絵です。くぅ・・・w

私の両親は凸凹コンビというか、静と動というか、行動範囲も趣味も全く違うのにどうしてか子供の私から見ても結構仲良し。今までこの2人の「夫婦喧嘩」を一度も見たことがありません。多趣味で好奇心旺盛な母がガチャガチャ騒いでいる横で寡黙で勉強家で柔道家の父がどっしり構えてバランスを取っているんだろうなぁ。

いつまでも2人仲良く元気でいて欲しい。
幼い時から病弱で我まま放題で問題児でたっくさん迷惑をかけたので、謝罪の気持ちも込めて親孝行をしたいという気持ちは常にあるものの、これが素直に表現できずに自己嫌悪。孝行をしたい時分に親はなし・・・なんて事にならないようにしなければ!と毎回帰国の度に思うのだけど、全然実現できていません。

これ、わたしの最大の課題。




この課題、いつかクリアできるのかな・・・。('~`;)

困る質問。

2009.02.15 *Sun
おっとぉ~、書き始めの段階で
既に長いエントリになる予感なんですが・・・
すんません。(先に謝っておきます。笑)
+ + + + + + + + + + + + + + + + +




このFC2 BLOGではトラックバックテーマというものがある。
FC2から一つのお題(TBテーマ)を提供されて、
それに関するそれぞれの考えを自分のBlogで記事にして、
そのお題エントリへTBするっていうシステム。
こうして共通の話題にTBをし合うことによって
リンク先(TB元)へ飛べばいろんな人の意見や考えを知る事ができるし
テーマ毎に意見が集められてユーザー間で交流をする事もできる。
あとはBlogのネタ切れの時なんかには助かることもあったり??('ー'*)

少し前に、そのTBテーマに
「眠れない夜にすること」(第672回)というのがあった。

眠れない夜なんてしょっちゅうで日常な私は
別段それがツライとも大変とも、なんとも思っていないけど
(むしろテーマに取り上げられるような事なのか~と驚いたぐらい)
そのトピックを見た時、つい、別のことを思ってしまった。

その別の事っていうのは、このエントリー・タイトルにもした
『困る質問』に関することなんだけど、、、、、

chas_zzz_09.jpg
この方にとっては「睡眠トラブル」なんて皆無なんだろうねー。
プロの「睡眠師」とも言える見事な眠りっぷりに毎回感心しちゃう。(笑)



信じるという事。

2009.02.11 *Wed
昨日は久々に雨が降ってくれた♪
でも全然涼しくならな~い。(T▽T)
普段ならサっと降ってくれただけでホっと一息つけるものだけど、
湿度が増しただけで逆に不快感たっぷり・・・。あうー。

各地で記録的猛暑が続いているニュージーランド。
南島の方では、なんとお隣りのオーストラリア史上最悪となった
南東部ビクトリア州の山火事の影響もあるんだとか。ビックリ・・・。
隣国って言ったって、飛行機で何時間も離れた所。
そんな離れた所で起こった火事がNZの気温まで上げているなんて。(鳥肌)

waterdrop_blueberry.jpg
写真はTasty Blue(ブルーベリー)の葉っぱ。


* + * + * + * + * + * + * + * + * + * + *




『自分が他人を信じる事』

『他人が自分を裏切る事』 は何の関係もないもの。

信じていた人からどれだけ裏切られたって、
人からどんなにひどい仕打ちを受けたって、それが
「自分が他人を信じない理由」にはならないものです。

優しくしてほしいから優しくする。
親切にして欲しいから親切にする。
そうではなくて、
優しくしたいと自分が思うから人に優しくする。
純粋にこの人を信じたいと自分が思うから信じる。
そこに見返りは存在しないもの。


また、他人を信じるためには
まず自分を信じることから始めなければならない。

自分(の気持ち)に自信をもって、自分で自分を信じられない人には
他人を信じるというのは難しいこと。
どれだけ仲良くお喋りをしていても、沢山の時間を共有していても、
「私なんてこの人にとっては沢山の知り合いの中の1人だろうし・・・」
「この人にとって私の存在なんてちっぽけで価値の無いものだろうし・・・」
と、 “私なんて” と自分を卑下すると相手を信頼できなくなるものだから。

顔やスタイル、才能、頭脳などの自信は持ちづらくても
「この人を思う気持ちは本物」という自信が持てないようなら
その人を信じる事なんてできないでしょ?






* + * + * + * + * + * + * + * + * + * + *

なぁ~んてことをね?
連々と書いてみたら採用されたの。これは一部だけど。
(友達から雑誌に載った記事ってどんなの?って聞かれたんだけど
私、昔っからそういうのって取って置かない人だからさぁー。^^;)

悩む時間帯。

2009.02.03 *Tue
先月までNZに滞在していたなおこちゃんのお母さんが
「死にたくなったらまずご飯を食べなさい。」と言っていた。

食欲が無いとか、そんな気分じゃないとか、
そんな甘っちょるい事を言っていないで
まずはしっかりと食事を摂って、しっかりと寝て、
それから本当に死ぬ必要があるのか考えろって。

はー なるほどな~って思った。

あ、いや べつに
私が死にたくなったわけじゃなくてね?(^m^;)ご心配なくw


人間、悩み苦しんでいる最中は
自分がこの世で一番不幸でここがどん底だと思うもの。
だけど意外にそうでもないんだよね。
溺れたー!助けて~!!って足掻いていても
じつはそこは足がつくぐらいの浅瀬だったり。

もっともっと辛く過酷な人生を送っている人でも
歯をくいしばって頑張っている人や
他人や自分の人生を恨んだり嘆いたりせずに
明るく穏やかに生きている人は沢山いる。
けど、睡眠不足で空腹な状態だと
そんな事もわからなくなっちゃって
周りを見る余裕がなくなっちゃって
判断が鈍って衝動的に自殺をしてしまったりするんだろうね。

なーんて話しをなおこちゃんのお母さんとしていたんですよ。
娘が新生児に振り回されている時に。(笑)


私も昔から何かに悩み、いろいろと考える時には
出来るだけ『日中・野外で。』と決めている。
夜になって室内でマンジリともせず考え込んでいると、
「やっぱり出来ないよな~」「無駄かな」「私じゃ無理かも」
って、どうしてもネガティブの方へ思考が流れがちだから。

よく、感情に訴えた恥ずかしい文章になるから
夜に手紙やメールを書かない方がいいって言うけど
それもまた同じ事だよね。Blogもたまに夜UPして、
朝見て「うぎょ!(恥)」ってことがあるもん。(笑)


in_the_shade_of_a_tree.jpg

でもこれが、仕事絡みとなると
昔から夜の方が効率良くサクサクと解決できる。
日中、会社では「ムズカシー!」って頭を抱えていた事でも
夜中、特に寝際とかに「ハッ!」って閃くことがよくあった。
これもまた不思議なんだけど。

生存中だってば。(笑)

2009.02.01 *Sun
友人数名から
『Blogが止まると逝ったかと思うからちゃんと更新して~。』
『むやみに止まると心配になるからサボんな。』
『せっかく来たのに前回と一緒だと(=更新無しだと)
 ハズレたー!と思うからちゃんと更新してー。』
と連絡を受けた。 (;`□´)んだとーっ! 特に最後のーっ!

いつのまにやらA*B*R*Dは私の生存確認に使われているらしい・・・。
ま~でも、そんなBlogの在り方でもいっかな~なんて。

ご心配おかけしてホントすみませーん。
大丈夫です。たぶん。(笑)

mini_white_rose.jpg
なんか右のこめかみ辺りがムズムズするー。
って右を見たら目があった庭の白バラ。まだ見てる・・・。(;´~`;)


少し前にちょっと鬱気味で・・・なんて書いたから
なんだか心配かけちゃったようで。
ごめんねー。そんなシリアスじゃないんだよぉ?

ホントはね、Blogや日記に悩みや恨み辛み系は書かない主義。
自分(個人)のスペースなんだから自由に書けば?という意見もあるけど
公開している以上はそれなりに責任もあるだろうし、
せっかく読みに来てくれている友人は勿論、通りすがりの人でも
不快な思いをさせたくないのでネガティブな事は書きたくない。

なのに書いちゃった。( ̄∀ ̄;)ゞテヘヘ

あの時は特に狙ったわけでも深く考えて書いたわけでもないけど
全部じゃなくても一部/部分的にでも書く事で冷静になって
今よりも見えてくる事もあるかな?あるかも?なんて思って。

お陰であの時は“ただ漠然とした得体の知れない不安”だったけど
徐々に闇の奥に潜むものの正体が見えてきた気がする。

ある友人から「A*はうつ病の素質がある(から心配)」と
太鼓判を押されて浮かれていたけど(え?w)
とりあえず今のところまだ?大丈夫っぽいよー。
その太鼓判を押してくれた友人は経験者だから
サラっと語る自らの体験談の中にも
「なるほどー」「そうなんだー」と思う頷きポイントが満載。

あのね、几帳面な性格の人ほど素質があるんだって。<鬱
ほら わたし、自他共に認めるとっても几帳面な人。(。-_-。)ゝ
今、ここを読んでいる不安や悩みを抱えている方々の中で
特に几帳面な方々。一緒に気をつけませう。
あ、でも自称・几帳面の人は意外に大丈夫かもよ。ぷ

+ + +

まだちょっとウヌヌヌ・・・な状況ではあるんだけど、
今はたくさんたくさん考える時期なんだと思って
逃げずにしっかりと向き合う覚悟です。

基本的には自分の「直観」を信じて「直感」で動く
「ちょっかん型人間」なんだけど、今の「ウヌヌヌ」は
ちゃんと考えないといけない!と感じた。(これもまた直感)
自分の中でGoサインが出るまでしっかりと考えないとダメな事。
サインさえ出ちゃえばあとは突き進むのみ!! なんだけど、
そのサインが出るまでが長いったら・・・。(;´▽`A

でも、自分で考えて悩んで出したサインならば
たとえそれが失敗だったとしても腑に落ちるというか、
自分自身で納得がいくので
ここの作業だけは怠ってはダメなのです。うん。


夢や希望は
諦めるのにも追いかけるのにも勇気が要るものだけど
それならば、追いかける勇気の方を選びたいと思う今日この頃。

正直、Blog更新のみならず PCの前に座る事さえも
「あうーなんか面倒くさーっ」て億劫に感じる事があるんだけど、
正常心を保つ為にも、メールチェックなどの些細な事でも
できるだけ普段どおりの生活を送るように心がける必要があるのかもー
って思うのです。

新旧揃って新年を迎え、気がつけば今年ももう2月。
Oh my,,,! It's February?! こりゃ~ウカウカしていると
大切な丑年の2009年も残り少なくなっちゃうよねっ!

うぉーーっし!!
今日から毎日!
あ、いや、大きく出過ぎた。(; ̄▽ ̄A)

で、できるだけ沢山!←こっちこっち。

更新するぞー。オー!

みんなから「読むのが大変。追いつかないよ~。」と言われるぐらい
更新してみたいもんだけど・・・。やっぱ無茶かな?無謀かな?
ネタはそれなりにあるんだけどついついサボり癖がねぇ~。f(^^;)
でも確かに更新頻度が高い所は覗きに行くのも楽しいものね♪

ぃよーし。
いまいち盛り上がりポイントをどこへ持っていったらいいのか
分からんけど(爆) とにかく更新頻度を上げるんだじょ~。


支離滅裂な内容に若干おかしなテンションでお送りした今日のエントリ。
如何でしたか? 
って、うわーん。なんかすびませーん。m(;≧д≦;)m

Admin



Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Local Weather*



Counter

総訪問者数:
現在の閲覧者数:



最近のコメント



カテゴリ



最近の記事



Game



最近のトラックバック



月別アーカイブ



クリック募金

クリックするだけで募金ができる。



Photo:

+ Web Photo Free Materials +
koaimage_icon.jpg
無料フォト素材サイト
『KoA*Image』より。



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © * A Beautiful Rainy Day * All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。